TOP品種リストへO&Aコニファー教室注文書





●「春夏秋冬の水やりは ?」
基本的には乾いたらやる、と言うことです。鉢の表面が乾いても鉢底までは乾いていません、鉢底まで乾いたら乾燥になります。根腐れしやすい植物の場合なるべく乾く用土を使用して、灌水回数を多くする(1回の灌水量は鉢底から流れ出るまで十分に)事に依って、根に酸素が十分に補給されます。
暑い夏の場合には用土が乾かなければ必要ありませんが、人情的にかけたくなります、その場合には葉水程度に止めて、用土まで湿る事がないように、時間帯も夕方が基本、日中は厳禁です。
冬は植物の活動が休んでいますので余程乾かなければ必要ありません。
庭植のコニファーには絶対灌水をしない。...!!!
鉢植えでは、鉢土を指でほじって湿っていたら乾くまで絶対にやらない。...!!!



●「水やりの時は、根の部分だけでいいんでしょうか... ?」
雨に当たる場所でしたら根の部分だけでも問題ありませんが、雨に当たらない場所では頭からの灌水が理想です。但しゴールドクレストは例外で、絶対頭から掛けないで下さい

★−夜露−★
植物にとって、夜露に当てると言うことは元気に育てる手段になります。また入梅時期から
年内一杯は雨に当てる事で幹が太り、元気に育ちます。

「灌水の基本」

これは参考文献とか、栽培書からの抜粋では有りません。今まで沢山の植物を扱い、現在も何万鉢もの栽培管理の中から得た大変貴重な内容ですので。また植物全般に共通しますので「植物と灌水」と言う基本技術となりますから十分理解して役立てて下さい。
まず、植物は用土中に水分が多いと根を張りません、植物の根は自ら水分を求めて発根しますから、水が多いと言うことは過保護にすると同じ意味を持ち自ら発根する努力を怠ります。この様な環境ではたとえ発根しても弱々しい細い根だったりで健全な根ではありません。灌水過多が続くと用土中の酸素が欠乏して根腐れへと発展します。
反対に乾燥気味の管理では根は太く短くなります
植物は乾燥で枯れる事は滅多にありません。

植物が最も水分を要求する時期
全植物が対象では有りませんが大部分の植物に共通すると理解して下さい。
開花期間 .... 最も水分要求が高い期間、この時期は毎日でも問題有りません。
新葉展開時期...この時期も水分要求の高い時期、毎日か一日おき。

水分を余り必要としない時期
休眠期       ...植物により時期が異なりますので注意して下さい(通常冬季)。
夏、休眠する植物..クリスマスローズ、シャクナゲ類これらは夏休眠状態になります、この時期に灌水を多くしますと根腐れになります。

鉢の環境に依って灌水回数と量を判断
同じ大きさの鉢でも灌水の仕方はは替えます。
灌水の量と回数も同じ、鉢の大きさも同じ、品種も同じ、全て同じ条件でも植え替え1年目の鉢と、3年も経った鉢では乾燥状態が全然違います、また鉢の置き場所、鉢の種類、用土が違えば全て灌水は替えなければなりません。
鉢に対して、植物が大きい場合と、反対に植物が小さい場合も要注意です。
基本は、常に乾燥状態に保つこと....これが基本です。

TOP 品種特性 用土編 栽培容器編 植え付け編
肥料編 病気編 虫害編 栽培管理編 ゴールドクレスト編
ワンダ−ガ−デン 花工房
栃木県宇都宮市石那田町桑原1467-1
E-mail hana@hanacobo.com