TOP品種リストへO&Aコニファー教室注文書

チョウセンシラビ‘シルバーショウ’


    針葉拡大

       冬季
学名 Abis koreana‘Silver Show’ 最終樹高 4メートル  最終横幅 2メートル
和名 チュウセンシラビ‘シルバーショウ’ 年間成長量  0.3メートル 
科名 マツ 画像の推定樹齢 約 0 年 樹高 0 メートル
属名 モミ 生産有無
原産地 朝鮮     
最終樹高、横幅は100年以上を見ています。その他の数値も想像値ですのであくまでも目安でしかありません。

■特性■

セールスポイント 葉の表は緑で、葉裏が灰白色で、全ての針葉が内側に向かって反転する特異な特性がある。
緑と白のツートンカラーでコントラストが美しい品種。展葉時期は更に美しく、独特の魅力を持っている。幹は太いが、枝葉はソフトで繊細、優雅で女性的な優しさが感じ取れる品種。
モミ特有の暑さに弱い部分はあるが、害虫の被害も少なく、触るとチクチクする痛みも全くなく、
綺麗な樹形を楽しむまでには10年程度はかかるが、芯が立ち上がると成長スピードは増す。
苗の入手が可能ならば挑戦する価値は高い。
球果が付きやすく、紫色をした大きめな球果は高い観賞性を保証出来る。
花工房の推薦度 苗が手に入れば1本は欲しい品種。
植裁利用場所 シンボルツリー.コニファーガーデン。
類似品種 チュウセンシラビ‘シルバーロック’
将来の樹形 円錐形
香り少ない
冬季の葉色 変わらず
耐寒性 強い
耐暑性 やや弱い
耐雪性 強い
耐陰性 比較的強い
倒伏度 強い
成長スピード 極遅い。芯が立ち上がると年間30p程度の成長をする。
苗の形状と観賞度 芯が立つまでは見劣りするが、芯が立てば観賞性は100%ある。全て接ぎ木仕立て。

栽培

栽培難易度 ★★★★    (★極難しい。★★ 難しい。 ★★★普通。 ★★★★★易しい)
繁殖性 接ぎ木繁殖で、大変難しい。
再移植の難易度 やや難しい
刈り込みこ必 刈り込み必要無し
肥培管理の必要度 生育初期では肥料を施した方が良い。
水分要求度 並〜やや多め
注意する病虫害 特になし
栽培上の注意点 幼苗では非常に生育が遅く、やや育て難い面もある。リーダーが立つまでに長い時間が必要。
芯が立ち上がる一変して力強い生育を示す。リーダーが立ち上がる迄には最低でも80p以上にならないと立ち上がらない。
暑さに弱いので関東以北がお勧め、綺麗な樹形になるまでには接ぎ木後10年以上は必要。
鉢栽培には向かない。

ワンダ−ガ−デン 花工房
栃木県宇都宮市石那田町桑原1467-1
E-mail hana@hanacobo.com