TOP品種リストへO&Aコニファー教室注文書

ヒノキ‘マリアン’


      針葉拡大

        冬季
学名 Chamaecyparis Obtusa‘Marian’ 最終樹高 1.5メートル   最終横幅 1メートル
和名 ヒノキ‘マリアン’ 年間成長量 0.1メートル 
科名 ヒノキ 画像の推定樹齢 接 4 年 樹高 0.4 メートル
属名 ヒノキ 生産有無      価格表へ
原産地 日本
最終樹高、横幅は100年以上を見ています。その他の数値も想像値ですのであくまでも目安でしかありません。

■特性■

セールスポイント 鱗葉で肉厚のやや幅広の極短い葉を持ち、肉厚で非常に重厚な感じがする。
葉色は緑色で枝葉はやや粗く多少ごつごつ感のする手触りで、幼児の手のひらを交互に伸ばしながら徐々にゆっくりと上に向かって伸びていく感じで枝葉はやや粗い。
狭いスペースでも育てられる優れて特性を持ち、また鉢植えでも綺麗な樹形楽しむ事が出来る。
ヒノキ、サワラの仲間はこれと言った害虫も取り次がず気軽に育てられる魅力も大きく、しかも凄く良い香りがする。癒し効果としての得点は高い。
不整形の円錐樹形で半日陰地でも育つ魅力を持ち、欠点の少ない優れた特性を持っている。
生育は大変遅く、樹形が乱れる事がない。ナナグラシリスと良く似るが、葉色が淡いグリーンで柔らかなイメージがある。半日陰地にも向くので大きくなっては困る場所への植裁に向く。普及はされていない。
花工房の推薦度 詳細不明
植裁利用場所 ロックガーデン.屋上庭園.小スペース地.コンテナーガーデン.半日陰地
類似品種 メロークツィン
将来の樹形 不規則な円錐形
香りあり
冬季の葉色 僅か褐色
耐寒性 強い
耐暑性 強い
耐雪性 強い
耐陰性 強い
倒伏度 強い
苗の形状と観賞度 鉢栽培でも品種本来の姿を維持出来る。成木の面影80%   観賞性/高い
成長スピード 成長は遅く、ななグラシリス程度。ナナルテアよりは早い。

栽培

栽培難易度 ★★★   (★極難しい。★★ 難しい。 ★★★普通。 ★★★★★易しい)
植付け最低間隔 0.6メートル
繁殖性 やや難しい
再移植の難易度 やや易しい
刈り込みこ必 刈り込み必要無し
肥培管理の必要度 僅か肥料を施した方が良い
水分要求度 普通〜やや多め
注意する病虫害 特になし
栽培上の注意点 肥沃地で、土壌水分のやや多い半日陰になる場所へ植える。極端な乾燥地には向かない。
新しい品種なので詳細不明

ワンダ−ガ−デン 花工房
栃木県宇都宮市石那田町桑原1467-1
E-mail hana@hanacobo.com