TOP品種リストへO&Aコニファー教室注文書

アリゾナイトスギ‘リーウッツウィピング’


     葉拡大

        冬季
学名 Cupressus arizonica‘Raywoods Weeping’ 最終樹高〜?メートル  最終横幅 0.6メートル   
和名 アリゾナイトスギ‘リーウッツウィピング’ 年間成長量 0.4メートル 
科名 ヒノキ 画像の推定樹齢 約 10 年 樹高 3 メートル
属名 アリゾナイトスギ 生産有無    価格表へ
原産地 北米
最終樹高、横幅は100年以上を見ています。その他の数値も想像値ですのであくまでも目安でしかありません。

■特性■

セールスポイント ブルーアイスの枝垂れタイプ種。
鱗葉は長細く粗く付く。ブルーアイスそのままの葉と言った方がイメージが掴みやすい。
葉色は青味がかった空色で実際の色はもう少しクリーム黄色で発色が綺麗。
この品種の最も大きな特徴は何と言っても枝垂れ種である事。写真の様に柳葉の如く極細い枝が幹の付け根より全部下垂している点にある。
チクチク感も全くなく、香りの強い樹が玄関先や、外壁に添えて植えられる点にある。
支柱は必要となるが、横幅が出ず他の品種では絶対に真似の出来ない個性が素晴らしい。
また枝垂れ品種の優れた特性として希望の位置で樹高を抑えたり、その後の状況によって再度樹高を伸ばす事が出来る特性も持っている。
また枝垂れ種ゆえの特性として整枝、剪定はほとんど必要なく、無手入れでも樹形の乱れる事がない優れた性質も備えている。強健で育てやすい。
均整のとれた樹形と、詰まった枝葉で観賞価値は、コニファー中、上位に入る。
整枝、剪定はほとんど必要なく、優れた性質を備えている。
国内での販売はない。導入もされていない。
花工房の推薦度 特にお勧め品種 横幅が出ては困る環境では最適種
植裁利用場所 外壁に沿わせる.ロックガーデン.玄関周り.コニファーガーデン.目隠し.色彩的に.
類似品種 無し
将来の樹形 枝垂れ形
香り度 指先で摘まめば強い芳香
冬季の葉色 変わらず〜やや褐色
耐寒性 普通
耐暑性 強い
耐雪性 強い
耐陰性 不明
倒伏度 支柱は絶対条件。
苗の形状&観賞性 鉢栽培では品種本来の姿を維持出来ないので到着苗には不満が想定される品種。
細く、やや下枝は少ない。  観賞性/普通
生育スピード 普通〜早い。支柱を立てて強制的に立ち上げないと樹高は高くならない。

栽培

栽培難易度 ★★★★   (★極難しい。★★ 難しい。 ★★★普通。 ★★★★★易しい)
繁殖性 大変難しい
再移植の難易度 困難
刈り込みこ必要性 無し。
肥培管理の必要度 無肥料
水分要求度 乾燥地
注意する病虫害 無し。
栽培上の注意点 降水量が少なく、砂利混じりの排水の良い乾燥した土壌環境に適している。
風通しが良く、秋日陽の当たる場所。土壌排水が良く、乾燥気味な土壌へ植える。
支柱は絶対条件で、先端部を希望樹高に達するまではこまめに支柱に結わえる。

ワンダ−ガ−デン 花工房
栃木県宇都宮市石那田町桑原1467-1
E-mail hana@hanacobo.com