TOP品種リストへO&Aコニファー教室注文書

エンピッビャクシン‘グレイオウル’


       葉の拡大
学名 Juniperus virginiana‘Grey Owl’ 最終樹高 1メートル  最終横幅 3メートル   
和名 エンピッビャクシン‘グレイオウル’ 年間成長量 0.4メートル 
科名 ヒノキ 画像の推定樹齢 約 15 年 樹高 2 メートル
属名 ビャクシン 生産有無   価格表へ
原産地 北米西部
最終樹高、横幅は100年以上を見ています。その他の数値も想像値ですのであくまでも目安でしかありません。

■特性■

セールスポイント 鱗葉は糸状でやや長い。鱗葉と針葉とが混在して、針葉に部分は触るとやや痛い。
枝葉は粗く、横枝がびゅんびゅん伸びて旺盛な生育をする。樹形はやや粗い物の良くしまった樹形になり雄大で、灰青色で輝きのある葉は、年間変わず、分枝旺盛で斜上しながら伸びる。枝の先端はやや下垂して大変優雅なシルエットを作る。成長は極めて旺盛ながら、ブルーカーペットの男性的な樹形に比べて、繊細で女性的な雅やかさを持った品種でもある。
本種は大株にならないと品種本来の樹形は楽しめないのと、鉢栽培では品種本来の姿は望めない。敷地に余裕のある場合には1本は是非植えたい品種。
少ない本数で、大きな面積をカバーする場合には最適品種と言える品種。グランドカバーとしては最有力候補種。
花工房の推薦度 お勧め品種
植裁利用場所 花壇.ロックガーデン.玄関周り.段差のある場所.グランドカバー石垣の上.コニファーガーデン.工場緑地帯.学校.公園.別荘地.ゴルフ場
類似品種 フィッツェリアーナグラウカ
将来の樹形 盃状形
芳香無し
冬季の葉色 やや白さを増す
耐寒性 強い
耐暑性 強い
耐雪性 強い
耐陰性 やや弱い
倒伏度 強い
苗の形状&観賞性 鉢栽培では品種本来の姿を維持出来ないので到着苗には不満が想定される品種。
成木の面影50%   観賞性/中  枝数少なく樹形の粗い苗になる。
成長スピード 早い

栽培

栽培難易度 ★★★★★  (★極難しい。★★ 難しい。 ★★★普通。 ★★★★★易しい)
植付け最低間隔 1.8メートル
繁殖性 やや難しい
再移植の難易度 困難
刈り込みこ必 刈り込み必要無し、コンパクト仕立ての場合には先端を摘む。
肥培管理の必要度 無肥料
水分要求度 並〜やや乾燥地
注意する病虫害 特になし
栽培上の注意点 風通しが良く、秋日陽の当たる場所。土壌排水が良く、乾燥気味な土壌に植える。
特になし、切り戻してコンパクト栽培も可能、無造作に剪定しても回復力は早いので、伸びすぎたら剪定をする事。 強健種。
横に伸びるので植え付け間隔は十分に確保する

ワンダ−ガ−デン 花工房
栃木県宇都宮市石那田町桑原1467-1
E-mail hana@hanacobo.com