TOP品種リストへO&Aコニファー教室注文書

コロラドビャクシン‘ミヅキ’


      葉の拡大

       冬季
学名 Juniperus scopulorum‘Mizuki’ 最終樹高 2メートル 最終横幅 1.0メートル
和名 コロラドビャクシン‘ミヅキ’ 年間成長量  0.05メートル 
科名 ヒノキ 画像の推定樹齢約接ぎ木5年 樹高 0.5 メートル
属名 ビャクシン 生産有無  無し      
原産地 北米西部     
最終樹高、横幅は100年以上を見ています。その他の数値も想像値ですのであくまでも目安でしかありません。

■特性■

セールスポイント 花工房で選抜育種したオリジナル品種。
コロラドビャクシンブルー系の中で最も成長が遅い品種。
緻密で綺麗な円錐形の樹形を保ち、葉色はグレイグリームと変わらない葉を持つが、葉の形状と枝葉の密度が大きく異なっている。葉の拡大写真を見ていただくと違いが解る。
緻密で綺麗な円錐形の樹形を保ち、成長は極めてゆっくり。凛とした樹形は一段と精彩を放っている。
円錐形で育つブルー系の多くの品種では成長が早く、かつ大きく育ってしまうと言う欠点を持つ品種が多い中で特異な品種と言える。ブルー葉色は魅力だが、すぐに大きく育ってしまうので二の足を踏んでいる方には朗報となる品種。
日本の住宅事情に合った素晴らしい品種。樹勢はやや弱いので接ぎ木苗を求める事。
花工房の推薦度 小型のブルー系を好む人には是非とも欲しい品種。お勧め種
植裁利用場所 ロックガーデン.コニファーガーデン。
類似品種 グレイ.グリーム
将来の樹形 円錐形
僅かあり
冬季の葉色 紫味が増す
耐寒性 普通
耐暑性 普通
耐雪性 極弱い。積雪で枝が広がってしまうので積雪対策は必須条件。
耐陰性 やや弱い
倒伏度 普通
成長スピード 極遅い。ブルー系で最も成長が遅い品種。
苗の形状と観賞度 ポット苗程度では観賞性低い、樹高0.3メートル程度になると観賞性は100%ある。

栽培

栽培難易度 ★★★★    (★極難しい。★★ 難しい。 ★★★普通。 ★★★★★易しい)
繁殖性 接ぎ木繁殖を推奨。大変難しい。
再移植の難易度 やや難しい
刈り込みこ必 刈り込み必要無し。何本もの側枝が立ち上がるので、樹形が開いてしまう場合がある、その場合には軽く全体を刈り込む。
肥培管理の必要度 無肥料
水分要求度 並〜やや乾燥
注意する病虫害 特になし
栽培上の注意点 極矮性種なので若干樹勢が弱いので接ぎ木苗を求める事。
枝は上に向かって伸びる性質なので主幹が何本も立ち上がる形状になり、結果として積雪等があると樹冠が開いて円錐形が崩れる事があるので積雪対策は必要だが回復力は早い。
極度に開いた場合には側枝を短めに切り取り樹形を整える。

ワンダ−ガ−デン 花工房
栃木県宇都宮市石那田町桑原1467-1
E-mail hana@hanacobo.com