TOP品種リストへO&Aコニファー教室注文書

コロラドトウヒ‘グラウカグロボ−サ’


       葉の拡大

       冬季葉色
学名 Picea pungens‘Glauca Globosa’ 最終樹高 2.0メートル  最終横幅 1.5メートル  
和名 コロラドトウヒ‘グラウカグロボ−サ’ 年間成長量 0.01メートル 
科名 マツ 画像の推定樹齢 約 20 年 樹高 2 メートル
属名 トウヒ 生産有無      球形.横張種価格表へ
原産地 北米西部
最終樹高、横幅は100年以上を見ています。その他の数値も想像値ですのであくまでも目安でしかありません。

■特性■

セールスポイント 針葉は細く短く先端部は尖っていて触ると痛い。
枝葉は大変密で綺麗な広円錐形の樹形を持っている。葉色は空色で大変美しい。
モンゴメリーと良く似ているが本種の方がやや横張性が強く、成長も若干遅い感じ。
初期段階では半球形に育つが、やがて樹勢が増すと広い円錐形となる。
強健種なので入門種としてはお勧め。背丈が伸びないので管理がし易く、ホプシー程虫も付きにくく、枝葉が密なので被害を受けても樹形の回復が早い。防除もし易い。
ホプシーでは4メートル以上に育つので防除は困難。10年程度は球形に育つ。

画像のように芯が立ち上がるのは15年程度の時間が必要。幼木では半球形の樹形で推移する。
画像ではしっかり芯が立ち上がり円錐形の樹形になっているが、ここまで成長するのには20年以上の歳月が必要。通常は不規則な球形樹形で販売されている。
花工房の推薦度 お勧め品種
植裁利用場所 ベランダ.花壇.ロックガーデン.コニファーガーデン.コンテナーガーデン.別荘地.屋上庭園.鉢栽培
類似品種 モンゴメリー
将来の樹形 半球形。芯が立ち上がると極広円錐形
芳香無し
冬季の葉色 変わらず
耐寒性 強い
耐暑性 強い
耐雪性 強い
耐陰性 弱い
倒伏度 強い
苗の形状&観賞性 成木の面影100%     観賞性/高い
生育スピード 極めて遅い

栽培

栽培難易度 ★★★★   (★極難しい。★★ 難しい。 ★★★普通。 ★★★★★易しい)
植付け最低間隔 1.5メートル
繁殖性 接ぎ木繁殖なので大変難しい
再移植の難易度 やや難しい
刈り込みこ必 樹形ラインよりはみ出た枝は切り取る。
肥培管理の必要度 僅か肥料の必要有り
水分要求度 並〜やや乾燥地
注意する病虫害 ケムシ類、メイガ類.シンクイムシ類が付くので数回の防除を必要とする
栽培上の注意点 風通しが良く、秋日陽の当たる場所。土壌排水が良く、乾燥気味な土壌に植える。
日陰及び半日陰地で、風通しの悪い環境では育たない。真夏に高温になり難い環境に植える。
害虫防除は必須条件。

ワンダ−ガ−デン 花工房
栃木県宇都宮市石那田町桑原1467-1
E-mail hana@hanacobo.com