TOP品種リストへO&Aコニファー教室注文書

 クロマツ‘コトブキ’


       葉の拡大

        冬季
学名 Pinus thunbergii‘Kotobuki’ 最終樹高  0.5メートル 最終横幅 1.5メートル   
和名 クロマツ‘コトブキ’ 年間成長量 0.05メートル 
科名 マツ 画像の推定樹齢 約 10 年 樹高 0.4 メートル
属名 マツ 生産有無  有り  価格表へ
原産地 日本
最終樹高、横幅は100年以上を見ています。その他の数値も想像値ですのであくまでも目安でしかありません。

■特性■

セールスポイント 針葉は5.5p程度でバンショウショウより僅かに長い。
濃緑の葉と、芽の白さのコントラストは大変に美しく素晴らしい個性を持っている品種。
性質はバンショウショウと同一と思える程良く似た性質を持っている。
本種の方がやや濃い葉色で、やや上に向かって伸びる性質をもつ。
マツ特有の芽つみ等
をしなくても自然と写真の様な匍匐樹形になる。
乾燥地にも強く、寒さにも強い。マツ類の流通は非常に少ないが、国内の気候にも合っているので是非お薦めの品種。乾燥に強いので屋上等には特にお薦め
花工房の推薦度 お勧め品種
植裁利用場所 ベランダ.花壇.ロックガーデン.コニファーガーデン.屋上庭園.コンテナーガーデン
類似品種 無し
将来の樹形 匍匐形
指先で摘まめば微香
冬季の葉色 変わらず
耐寒性 強い
耐暑性 強い
耐雪性 強い
耐陰性 弱い
倒伏度 強い
苗の形状&観賞性 成木の面影80%    観賞性/高い
生育スピード 遅い。地植して勢力が付くと成長スピードは増す。

栽培

栽培難易度 ★★★★   (★極難しい。★★ 難しい。 ★★★普通。 ★★★★★易しい)
植付け最低間隔 1.0メートル
繁殖性 接ぎ木繁殖のため難しい
再移植の難易度 やや難しい
刈り込みこ必 全く必要ない。匍匐樹形を望む時には先端部を切断して横張性に誘導する。叉は新芽が伸びきって固まる以前に伸びた新芽の半分程度を切り取る、緑詰みを実施する。
肥培管理の必要度 無肥料
水分要求度 乾燥地。乾燥地を好むので過湿は厳禁。
注意する病虫害 ケムシ類
栽培上の注意点 風通しが良く、秋日陽の当たる場所。土壌排水が良く、乾燥気味な土壌に植える。
日陰及び半日陰地で、風通しの悪い環境では育たない。

ワンダ−ガ−デン 花工房
栃木県宇都宮市石那田町桑原1467-1
E-mail hana@hanacobo.com