TOP品種リストへO&Aコニファー教室注文書

カナダトウヒ‘レインボーウズ.エンド’



       葉の拡大

        冬季
学名 Picea glauca‘Rainbows End’ 最終樹高 1.5メートル  最終樹高 1メートル 
和名 カナダトウヒ‘レインボーウズエンド’ 年間成長量 0.03メートル 
科名 マツ 画像の推定樹齢 約 15 年 樹高 0.6 メートル
属名 トウヒ 生産有無 有    価格表へ
原産地 北米
最終樹高、横幅は100年以上を見ています。その他の数値も想像値ですのであくまでも目安でしかありません。

■特性■

セールスポイント 針葉及び樹形はコニカと区別が付かないほど良く似ている。
違いは樹形がやや横張性で、成長がコニカの半分程度という事ぐらい。
針葉は極細く短く触ってもチクチク感は弱く痛く感じる事はない。この品種の特徴は新芽の先端部分がクリームから、黄色になる事。黄色と薄緑色のコントラストが最大の売りで
コニカと比べると若干樹勢は弱いが、葉焼け等もなく意外と元気に育つ特性がある。
枝葉が密生して綺麗な円錐形の樹形を保持するので刈り込み等の手入れは必要が無い。
大きくなるまでに時間がかかるのと価格の高いのが欠点。1本は欲しい品種。
花工房の推薦度 ややマニア向き品種。ロックガーデン等にお勧め。
植裁利用場所 花壇.ロックガーデン.玄関周り.コニファーガーデン.コンテナーガーデン.
類似品種 コニカ
将来の樹形 広円錐形
指先で摘まめば微香
冬季の葉色 変わらず
耐寒性 強い
耐暑性 やや弱い。寒地向き。先端部のクリーム色の部分は高温時には葉焼けする事がある。
耐雪性 強い
耐陰性 やや強い
倒伏度 強い
苗の形状&観賞性 成木の面影100%      観賞性/高い
生育スピード 遅い

栽培

栽培難易度 ★★★   (★極難しい。★★ 難しい。 ★★★普通。 ★★★★★易しい)
植付け最低間隔 1.0メートル
繁殖性 やや難しい
再移植の難易度 やや難しい
刈り込みこ必 刈り込み必要無し
肥培管理の必要度 僅か肥料の必要有り
水分要求度
注意する病虫害 ケムシ類が発生するので防除は必要、ダニも発生する。
急激に黄色に変色した場合にはダニの発生を疑う。防除等の詳細はサポートのページにて解説
栽培上の注意点 風通しが良く、秋日陽の当たる場所。土壌排水が良く、乾燥気味な土壌に植える。
風通しの良い涼しい場所で栽培する、外壁の前などの輻射熱の発生する場所は厳禁。急激に気温か上がると葉焼けする場合がある。またマルチ材等で地温を下げる。特性としてデリケートな面もあるが、特性を飲み込めば特別難しい事では無い。
日当たり良い風通しの良い場所へ植える。
鉢栽培でも品種本来の姿を維持出来る。

ワンダ−ガ−デン 花工房
栃木県宇都宮市石那田町桑原1467-1
E-mail hana@hanacobo.com