TOP品種リストへO&Aコニファー教室注文書

コウカサストウヒ‘スカイランズ’


        葉の拡大

       冬季
学名 Picer orientalisa‘Skylands’ 最終樹高 4メートル   最終横幅 2メートル
和名 コウカサストウヒ‘スカイランズ’ 年間成長量  0.3メートル 
科名 マツ 画像の推定樹齢 約15 年 樹高 2 メートル
属名 トウヒ 生産有無   有   高性種価格表へ
原産地 トルコ     
最終樹高、横幅は100年以上を見ています。その他の数値も想像値ですのであくまでも目安でしかありません。

■特性■

セールスポイント 針葉は短く密生しているので触ってもチクチク感は少ない。枝葉はやや粗めで細身な樹形に育つ。
黄色の葉色は年間を通して黄金色で、新芽の時期と、冬季は一段と輝いて特に綺麗。
トウヒの仲間で黄金色の葉を持つ品種は少ないので大変貴重な品種にもなっている。
黄色系の宿命として、真夏と春先の日射が強い時には若干の葉焼けを起こすが、緑葉系の品種ほどのダメージは受けない。成長は大変ゆっくりで横幅も大きくならずスリムな樹形で成長するので小スペース地でも十分植える事が可能な品種。シルバー系の品種と対比させて植えると本種の特性が更に増す。
なかなか芯が立ち上がらないのと、やや乱れ気味の樹形は一糸乱れぬ....とはいかないが、何かし奥らゆかしい風情を持っている品種。
花工房の推薦度 普通種。カラーアクセントしてお勧め
植裁利用場所 ロックガーデン.コニファーガーデン.シンボルツリー。
類似品種 Picea likiangensis Aureaがある。
将来の樹形 円錐形
わずかあり
冬季の葉色 黄金色
耐寒性 強い
耐暑性 強い
耐雪性 強い
耐陰性 やや弱い
倒伏度 強い
成長スピード 大変遅いが、芯が立ち上がると年間20p程度の成長をする
苗の形状と観賞度 芯が立つまでは見劣りするが、小さくとも芯が立てば観賞性は80%ある。

栽培

栽培難易度 ★★★★    (★極難しい。★★ 難しい。 ★★★普通。 ★★★★★易しい)
繁殖性 接ぎ木繁殖で、大変難しい。
再移植の難易度 やや難しい
刈り込みこ必 樹形ラインよりはみ出た枝は切り取る。
肥培管理の必要度 僅か肥料を施す
水分要求度 並〜乾燥
注意する病虫害 希にケムシ類
栽培上の注意点 幼木時期は芯が立ち上がらないので支柱で芯を真っ直ぐに伸ばしてやる事。
鉢栽培には向かない。大きく雄大に育つので小スペース地には不向き。
風通しが良く、土壌排水が良く、乾燥気味な土壌。なかなか芯が立ち上がらないので植え付け後数年間は支柱が必要。
日陰で、風通しの悪い環境では育たない。

ワンダ−ガ−デン 花工房
栃木県宇都宮市石那田町桑原1467-1
E-mail hana@hanacobo.com