TOP品種リストへO&Aコニファー教室注文書





コニファーの一部の品種には、気温が低下する晩秋から徐々に変色する品種が存在します。
落葉樹の紅葉みたいな物ですが、気温の低下に比例して徐々に葉色が変色します。
紅葉と良く似ていますが紅葉ではありません。
冬季の変色を好む人と、好まない人がいます、好みに合わせて選定する事が大切です。
通常冬季のコニファーの葉色は、全体がくすんで来る特徴があります。そんな中で冬季に綺麗な葉色に変色するコニファーもあります。その中でも冬季に最も美しい葉色になる品種もあり、特に黄色系の品種では目も覚めるような輝いた黄金色となります。サワラ‘ウインターゴールド’....見事な黄金色になり、気温の上昇と共に、つまらない薄緑の葉色に変化してしまう。

鮮やかな黄金色の色彩が見られるのは、冬季日射量が多く、気温の低い環境では顕著に美しくなります。
変色は品種により異なり、10円玉の様な赤銅色だったり、枯れた色の褐色だったり、赤銅色から気温が下がると乳白色になる品種もあります。
春、気温の上昇と共にいつの間にか品種本来の葉色に戻ります。
好みの問題ではありますが、1つで2度美味しい....と言った隠れた魅力もあります。

冬季変色する品種
エレガンテシマ系、レッドスター、ラインゴールド、ライムグロー。

反対に冬季だ輝く黄金色に変色する品種
ウインターゴールド。その他黄色系の大部分は冬季の方がより綺麗な黄金色となります。

品種選定目次へ




ワンダ−ガ−デン 花工房
栃木県宇都宮市石那田町桑原1467-1
E-mail hana@hanacobo.com