TOP品種リストへO&Aコニファー教室注文書





落葉樹との混植は基本的に避けた方が良いでしょう。
ここ言う落葉樹とは背丈の伸びるハナミズキ、シャラ、ヤマボウシ等を指します。
落葉樹も低木でしたら問題ありませんが高木の樹幹の開く品種ではコニファーが日陰となって綺麗な樹形の維持が出来なくなります。
植えるのでした間隔を思い切って広げるか、少し別な場所へ移動します。
又は半日陰に耐えられる品種を選定します。
落葉樹も是非一緒に植えたいという場合には、将来樹冠が大きくならない品種(サクラの様に上部が大きくならない)品種を選びます。
洋風にも合いそうな物としては葉の比較的小さな物で、葉がうっそうとしない物、横張樹形は避け、細身で上に向かって伸びる樹形の物を選びます。

ヒメシャラ...葉が小さく、細身で伸びるのでお勧め。出来れば株立ちの物を選びます。
アオダモ....葉が小さく、幹肌がとても綺麗なのでお勧め。出来れば株立ちの物を選びます。
シラキ....聞き慣れない樹ですが、とても紅葉に綺麗な樹です。葉はやや大型になりますが育ちがゆっくりで、大樹にはなりません。
赤葉のモミジ...赤はコニファーない色ですので良く合います。葉の小さな品種を選びます。(〆の内)
アメリカハナズオウ/フォレストパンシー...横張樹ですが、赤い葉がとても綺麗です。
株立ちの樹は成長が遅く、大きく育ちにくい特性がありますから、大きく育って困る場合には株立ち、出来るだけ幹数の多い物を選んで植えます。
避けたい品種としては、葉の大きな物、横張樹形となる物、傘を開いた感じの樹形になる樹種は避けます。
....アメリカハナミズキ、ヤマボウシ、桜等。

品種選定目次へ



ワンダ−ガ−デン 花工房
栃木県宇都宮市石那田町桑原1467-1
E-mail hana@hanacobo.com