TOP品種リストへO&Aコニファー教室注文書





枝垂れ性品種の特徴は希望の高さを調整出来る点にあります。
枝垂れるタイプは好みもありますし、品種数も極少量ですので一般向きとは言い難い物も有りますが、使い方次第では素晴らしいタイプのコニファーとなります。
コニファーと言う概念からでは、枝垂れるコニファーと言うのは無いのかも知れませんが、個性的なコニファーを求めるのであれば、矢張り1本程度は植えてみたい種類に加えるべきと思います。枝垂れ種は幼木では観賞性が低いですが、樹齢を増す毎に形を変え、威風堂々とした重みのある樹形へと姿を変えてくれるタイプです。
ややマニア向きの感じもしますが、特性を良く理解する事によって樹高を一定に保つ事が可能となる優れたDNAを持っていて、樹高維持が困難な高性種と違って、樹高維持を簡単にクリアーする事が出来るのがこの枝垂れ性品種の大きな特徴となります。
更に優れた点は、一度希望の高さを設定した後でも樹高の調整が出来る点です。
支柱を立てて、上部の元気そうな側枝を強制適に持ち上げて上に伸ばして行けば更に希望の位置まで伸ばす事が可能となります。高性種では絶対に真似の出来ない高さを一定に保つと言う多樹種では絶対に真似の出来ない、超難度の離れ業をやってくれます。
枝垂れ性と言うのは、支柱に支えられて支柱の先端部まで伸びた枝はその後は支柱がないので全て下に垂れ下がります、よって支柱の位置より上に伸び出す事は滅多にあり得ません。更には主幹に沿って真下に垂れ下がりますから特別な刈り込み等などをせずとも均整の取れた樹形を維持してくれます。アクセント的にも優れていると思います。

該当品種
★C:グループ
アトラスシーダー‘グラウカペンジュラー’|ヒマラヤシーダー‘ペンジュラー’アラスカヒノキ‘ベンデンアカー’アリゾナイトスギ‘リーウッツウィピング’

★M:グループ
メタセコイア‘ミスグラカ’

★P:グループ
ドイツトウヒ‘ファンズバーグ’|ドイツトウヒ‘レフレクサ’|ドイツトウヒ‘インウェルサ’|カナダトウヒ‘ペンジュラ’|ドイツトウヒ‘オウレアペンジュラ’|ドイツトウヒ‘ペンデュラ’|オモリカトウヒ‘ペンジュラ’|

★T:グループ
カナダツガペンジュラ

石垣等から垂れ下げれば枝垂れる品種
ハイネズ.ブルーパシフィック|ハイネズ.サルスフラッシュ|アメリカハイビャクシン.ゴールデンカーペット|アメリカハイビャクシン.ウィルトニー|
※.地域、環境等によっては必ずしも最適品種とはなりません。あくまでも参考としてご利用下さい。
品種選定目次へ




ワンダ−ガ−デン 花工房
栃木県宇都宮市石那田町桑原1467-1
E-mail hana@hanacobo.com