TOP品種リストへO&Aコニファー教室注文書





単植か、複植かと言う事も良く質問があります。
聞き慣れない言葉ですが、要するに目隠しとして1列に植える場合に、1品種で1列全てを植えるのか、別な品種を混ぜて、混植とするか....と 言う意味です。

結構問い合わせの多い質問です。多分悩んでいる方も多いのではないかと判断します。
造園適には、単品種で全てを植えます。L型の場合などでは品種を替える事もあります。
最も解りやすいのが、街路時の植裁です、余程の事がない限り、1本毎に違う品種で植えてあるなどという事は先ずありません。実際見た事もありません。

スッキリ見せるのは、矢張りこの方式かと重います。

綺麗に見せる為には複植にしたほうが、見た感じは派手でとなり、一件綺麗に見えますが、何となく落ち着きのない感じとなってしまいます。毎日見るような場所では緑系を主体に、単植で植えた方が結果的には正解かと思います。
街路樹等でも1本毎に違った樹とか、違った葉色の樹は植えてないはずです。
道路の反対側にするとか、一定区間は同一の物、次の区間は別な物と植裁されているはずです。

緑と黄色系を1本毎に植えるのも好みの問題ですが、日本人の感性には受け入れ難い物があります。

品種選定目次へ




ワンダ−ガ−デン 花工房
栃木県宇都宮市石那田町桑原1467-1
E-mail hana@hanacobo.com