TOP品種リストへO&Aコニファー教室注文書




最初の一歩がなかなか踏み出せないないで躊躇している方も多いかと思います。
とても素人には手が出せる代物ではない....と 半ば諦めている人もいるでしょう。
ここでは最初の一歩を踏み出す為に、肩をポンとたたいて差し上げたいと思います。

植える苗のサイズは何れも1.5メートル以内の小さな苗です、重さで言うなら10キロにも満たない極軽い物です。作業は至って簡単でポットから抜いて植えるだけと言った感じの作業で出来上がります。
業者に依頼すれば余計な悩みはせずにしなくて済みますが、経費は半端ではありません。
デザイン料、植木代、植え付け費用、養生費用と掛かります。有り余るお金があるのでしたら別ですが、花工房では業者に植えてもらうと言うのはあまりお薦め致しません。

業者の中には1本でも多く植えようとする業者もいます。将来混み合って来るなどという事などお構いなしです。仕上がりが良ければ気にしません、こうしませんと業者は儲かりませんから。
また業者に任せますと、業者の手持ちの品種しか植えなえ場合もあります。植える品種を指定しても手に入らないとか、性質が弱いとかと言って業者好みの品種が植わる事となります。
当然業者は目に見えない土壌改良などしません。頼めば別ですが。
植穴も根の入る程度掘り返して植え付けます。地下を深く掘り起こしてコニファー達が快適に生育出来るようになどと思いめぐらして植え付ける事など致しません。

こうして植えられたコニファーは品種も判らない、特性も判らないまま植え付けが完了してしまい。
結果として数年後トラブルが発生しても対処のしようがなくなってしまいます。
しっかり業者が対応してくれるのでしたら良いのですが、この部分は意外と未知数で、中には業者と連絡が付かず困って泣きついて来る方もあります。
植物は生きていますので植え付け後の諸問題は必ず発生します。気にしなければ大丈夫でしょうが、コニファーを愛でると言う環境ではなくなってしまいます。(コニファーは消費する物ではありません !育てる物です)

どこに何を、何本植えるかが悩みの種かも知れません、けれども散々悩んだ挙げ句に植えたコニファーは、お金では評価出来ない何かを与えてくれます。愛おしさの何物でもありません....
決して難しい事ではありません。手順に沿って進めて行けばいつの間にか仕上がっていた....と 言う感覚で出来上がる物なのです。ただし労力を惜しまなければです。
是非挑戦してみて下さい。結論として自分で植えてこそ愛着もあり、また愛おしくもあるのです。

初心種(モニター)が作ったコニファーガーデン 

ワンダ−ガ−デン 花工房
栃木県宇都宮市石那田町桑原1467-1
E-mail hana@hanacobo.com