TOP品種リストへO&Aコニファー教室注文書


モニター会員名 田中様 38才    お住まい:埼玉県新座市

田中様の個人HPへ.....『コニファー記』 http://monitorconifers.seesaa.net/

モニター応募への目的及び理由
以前より、家を新築した際には、常緑樹であまり手入れの必要のないコニファーを中心にした庭にしたいと漠然と思っておりました。

コニファー=クリスマスツリーのイメージしかなかった私でしたので、最初にコニファーを購入するにあたりまず驚いたのは、一言にコニファーといっても色々な種類があったということです。
当初は何をどう購入したらいいのか悩み、そこから始めて、姿・形・色はもちろん、その種類の特徴や管理のポイントなども私なりに調べるようになりました。
そして調べていくうちにコニファーについて知れば知るほど多種多様さと、一本一本それぞれの綺麗さもさることながら、それらが一体となった時の美しさに、ますますコニファーガーデンに憧れていきました。
また、実際に何本か購入しジャリだらけで植物にとって決して環境がいいとは言えない場所に植栽したにもかかわらず、しっかりと根付いたようでこの春よりスクスク成長しはじめているコニファーのたくましさにもすっかり魅了されている次第です。
ですが、昨年自宅が完成して以来、家計と相談しながら少しずつ、購入し植栽しておりますが、敷地が広いだけが取柄の我が家の庭を色々な種類のコニファーで一杯にするには、かなり気の遠くなる思いでしたので、私が、モニター応募させていただいた理由は30種類前後のコニファーを提供していただけるということが大きな理由です。

コニファー歴の浅い私が花工房のおじさん様のモニターとしての重責を果たせるのかとの不安もありましたが、我が家のコニファーの成長具合や四季の変化等は私も記録しておきたいことでしたので、勉強させていただくつもりで応募させていただきました。


花工房サイトへの感想
コニファーに興味を持ち始めてから、ずっと拝見し活用させていただいております。
図鑑で探し、ガイドをプリントアウトさせていただき、ファイルしてオリジナルバイブルなるものを作成させていただいております。
植栽する際のカラーバランス等はマイガーデンのページを参考にさせていただいております。
私にとって花工房様のサイトなしにはコニファーは語れません!って言う感じです。

モニター会員様の気候風土
東京都まで徒歩5分の埼玉県の外れになりますので、気温・気候は東京とほぼ同じで、雪も年に数回しか降りませんし、風もそれほど気になりませんが、夏は30度を越す日が何日かあります。

モニター会員様の地理的特徴

変形している敷地に、自宅は真南向きに建っております。
今回植栽させていただいた場所は、自宅の東側にある、北西⇔南東に建っている約20メートルの塀に沿っており、南側は栗畑、東に隣家、北に3階建ての建物があります。
日は今の時期ですと1日中あたりますし、冬で太陽が低くなっても大半は当たると思います。
南風はよく通りますが、北風はマンションがあるので多少遮られると思います。

28日(木)の夕方、6箱に入って届きました。
まず、届いた、箱の数と大きさ、それに重さで圧倒されてしまいました。
届いて直ぐ急いで開封したのですが、一本一本どれも本当にしっかりした木で、改めて、責任の重大さを実感したと共に、欲しかったサルフレアやシルバーダストに立派なコニカを見たときには感嘆の悲鳴をあげてしまいました。
すっかり暗い中での作業でしたので、33種33本の名前だけ控え、何も気にせずに並べて灌水いたしました。
翌日の29日(金)、明るいところで見たらそのままでも十分綺麗でしたので、そのまま写真撮影いたしました。
2005/05/16
「配置のコメント」
裏門から細長いアプローチを通り、そこを抜けると初めてコニファーガーデンが目に入るように、またダイニングの窓から観賞するように植栽する予定でした。
予定していたスペースに33種を配置してみたのですが、思うような間隔がとれず、送っていただいた大きさで33本は、既にどう配置しても込み入った感じになってしいましたので、10年後の大きくなった姿を想像しながら、思い切って、リビング前のデッキからも観賞できるように倍近くに拡大したスペースに十分は間隔を取って配置いたしました。
配置にあたり、まずコニカをデッキ前の真前にどこから見ても一番目立つように置き、そこから同じ色系が並ばないという点と、どこから見ても重なって隠れてしまうものが無いようにという点に気をつけて配置していきました。

「完了のコメント」
南側は、以前コンクリート敷きだったようで、5センチくらい掘ると、10センチほど砂利混じりの層になっておりました。篩いにかけて砂利を取り除く作業に一番時間がかかってしまいましたのと、砂利層の下の柔らかい土まで、約40平方メートルの地面を50センチ耕すのがとても辛かったです。
夏のような暑さの中、コニファーの水を切らさないように灌水しながら家族総出で作業し、やっと5日に植え付け完了いたしました。
我が家の裏門から続くスペースの照明も自転車置き場も枕木で造ってありますので、コニファーの枠も枕木のイメージで統一したかったのですが、スペース拡大したため予め用意していた枕木では足りなくなってしまったので急遽追加で注文することとなってしまいました。
枕木到着待ちの間にマルチ資材も注文させていただいておりましたので、遅れ馳せながら敷き詰めてやっと完成となりました。
間隔が空きすぎてしまっている箇所は、コニファーが成長するまでの間は草花でフォローし、10年後を楽しみに観察していきたいと思います。
スペースの急な変更や資材の追加注分の到着に時間がかかってしまった等の予定外のことが起こってしまい、ハラハラドキドキしてしまいましたが、完成してホットした今となってはコニファーを見るたびに思い出すいい思い出になりそうです。
2005/05/16

モニター中間報告 2005/09/05
成長の早い品種 5月からの成長具合を、高さ+横幅の合計の成長量で早い(高さ+横幅=30cm以上成長)
ブルーアイス.ゴールドライダー.シルバーダスト.サルフレア.マリソンサルファー.コリンスゴールド.ピラミダリス.ムーングロー.オウレア.ウイッチタブルー
中間的な成長品種 中間(高さ+横幅=20cm〜29cm成長)
ウイルトニー.ゴールデンモップ.グリーンコーン.ゴールデンジョイ.マザーローデ.グロボーサオーレア.ウィンターグリーン.ロブスターグリーン
成長の遅い品種 遅い(高さ+横幅=10cm〜19cm成長)
デグルートスパイアー.ブルーパシフィック.イエローリボン.レッドスター.ゴールデンソーサス
エメラルド.ライムグロー.エクスパンサーバリエガタ.センチネル.ブルースター.ナナ
成長の極遅い品種 最も遅い(高さ+横幅=9cm以下の成長)
ナナグラシリス.イエデロ.コニカ.ラインゴールド.
枯れた品種 なし

中間報告感想
埼玉地方は、7月に入ってから、30度を超える真夏日が続き、雨も少なく植物にとっては最も辛い時期だったと思います。
8月に入ってからも、昼間は晴天の真夏日は続いておりますが、夕方から夜間にかけての雷雨等で程よく雨が降るようになり、一安心している今日この頃です。
7月の酷暑中も、あえて水遣りはいたしませんでしたので、全部枯れてしまった品種はありませんが、エメラルド・グリンコーン・マリソンサルファの一部に枯れてしまった葉があります。
マリソンサルファにつきましては、当初より、片側の一部に茶色い葉が見られましたので、その部分の色が徐々に濃くなってきたので、とうとう枯れてしまったようです。
となっており、ブルーアイスにつきましては、高さ48cm横幅24cmとすばらしい成長ぶりを見せてくれています。
逆にラインゴールドは高さ横幅共に3cmずつしか成長しておりませんでした。
高さで一番成長したのは、同じくブルーアイスの48cm。エクスパンサーバリエガタとナナは0cmで全く成長が見られませんでした。
横幅では、ゴールドライダーの36cmが一番で、コニカとセンチネルは横幅成長は0cmでした。

2005年度年度年度末報告



☆成長の過程で気が付いた点、☆
・植栽時、真っ直ぐ垂直に、水平機まで使って植えたはずなのに、くねくね曲がりながら成長する品種だったり、北と南で成長具合が異なったりですし、ある程度でしたら刈り込みで十分対処できそうですので、神経質に垂直に拘る必要はなかったように思いました。
全体の垂直に拘ってしまったばかりに地面から出た見える部分が斜めになっているものもあるのですが、葉で隠せない部分は誤魔化しがきか無いので、根元の部分の垂直に拘ったほうが綺麗だったと思いました。
・刈り込み時期は『萌芽する直前の3〜4月頃と、新梢が固まる梅雨明け後がベストです。』(花工房様Q&Aより)とのことでしたので、私の中で「その時期以外にハサミを入れるのはベストではない」となってしまい、側枝や複数の成長点が気になっても我慢の限界になるまで対処が遅れてしまいました。
その結果、切り口が見苦しく、全体の形が崩れてしまいました。
再度、花工房様のサイトで確認したところ、「早めに切取る」と書いてありましたので、「刈り込みと切り取り」の違いを知り、切り取りは気付いた時早めに対処するに越したことないと思いました。
☆病虫害の発生等の報告。☆
・10月にサルフレアに青虫と尺取虫のような虫が数匹いるのを発見いたしました。
取り除いただけなのですが、それによって害が発生することもなく、その後は問題ありません。
☆枯れた品種、弱った品種等も、またその過程☆
・イエローリボン、グロボーサオーレア、マリソンサルファー、デグルートスパイアー、グリンコーン、エメラルド(枯れ程度の多い順)が花工房様のQ&Aの通り見事に枯れてしまいました。
ニオイヒバ特有の新陳代謝だとのことですが、イエローリボンなどは幹に近い部分から1/3くらい枯れてしまいましたし、その他の樹も夏から症状が出始めていますので他に原因があるのではないかと要観察中です。
・マリソンサルファーの葉の表面が部分的に褐色になってしまいました。植栽当初よりなんとなく褐色かかったような部分はあったのですが、環境の変化が負担になり、回復する暇もなく、夏の強い日差しが当たりすぎてしまったのかと思われます。
☆コニファーに対する認識のズレについて
○具体的には、描いていたコニファーとはこんな感じでは無かった....
・コニファー=丈夫で手がかからない・植えたら植えっぱなしでOK!っと思っていましたが、健康で綺麗な一番ベストな状態に育てるには、手をかけなければならないようです。普通で「よし」とする分には植えっぱなしでもいいのでしょうけど。。。手をかけたらかけた分だけ良い状態になるような気がいたします。
・花工房様のサイトを知るまでは、コニファーは緑一色と思っておりました。
花工房様を知ってからは、黄色系・緑系・青系があり、その中にも冬色夏色があると知りましたが、もっと細かく見ると、新芽と既存の葉色の違いがあったり、季節によって微妙に変化したりと、花のような華やかさはないにしても、十分に色でも楽しめます。
○今まで知らなかったコニファーの特性色々......
・新芽が既存の葉と同じ状態で出てくる品種もあれば、同じ樹から出てきたとは思えない程色や感触が違う品種もあり、それが時間をかけて既存の葉の状態になるということ。
(顕著に現れていたものの例として。。。)
・温度(季節)によってコニファー全体の葉の感触や枝の向く方向が微妙に変化していくこと。
・常緑樹のコニファー(特にニオイヒバの新陳代謝と言われている症状)が、落葉みたいに葉が枯れ落ちるということ。
☆コニファーと付き合って、良かった点、悪かった点☆
○良かった点
・「趣味は?」と聞かれて答えに困ってしまっていた私ですので「ガーデニングです。」と言えるようになったことが嬉しいです。
・身近にあることで、色の変化や感触等、日々の些細は変化が楽しめる。
○悪かった点
・コニファーに関して、全く知識のない状態からのスタートでしたので、植栽にしても、成長過程の問題においてもまず正しい知識を得るところからしなければなりませんので時間がかかるということでしょうか。。。
☆これから植えようとしている方へのアドバイスとして。。。☆
まだ、私がアドバイスいただきたい段階ですので、適切なアドバイスはできませんが、私が今後新たにコニファーを植えるとしたら、気をつけるとしたら。。。という事柄をアドバイスとさせていただきます。
1、暑いのが苦手だったり寒いのが苦手だったり、日向が苦手だったり日陰が苦手だったり品種によってそれぞれ特徴があると思いますので、植栽予定地の気候や条件に適した品種をピックアップし、その中から自分の好みに合った品種を選びます。
2、複数本選ぶ場合には、カラーバランス・樹形だけでなく、数年後を想定し、綺麗なバランスを保って成長していくように成長度合いも考慮に入れます。
3、植栽間隔は、その品種が一番綺麗になるだろう大きさを想定(高さと横のバランス)して決めます。
(3mにしたいと思えば、無理やり成長点を止めることもできると思うので、高さ3mに対しての横幅)
☆品種毎コメント☆
・ナナ.グラシリス : 濃緑色でこじんまりした個性的な感じで、どのように成長していくのか楽しみにしているが変化が目に見えないほどゆっくり成長している。
・ゴールデンモップ : ひと際鮮やかな金色でモサモサした葉は柔らかく名前どおりモップみたいな品種。。
・レッドスター : 見た目より柔らかい葉をしているが、暖かいうちはごく普通の品種。寒くなってきたこれからが楽しみな樹です。
・ゴールドライダー :  葉先の黄色が横方向に元気に伸び、1mくらいでも見ごたえ十分な樹です。
・シルバーダスト : 成長点はくねくね曲がり、幹から出る枝も多方向に伸び、花工房様のサイトの画像を拝見し優しい雰囲気をイメージしていたが、まだ荒々しいワイルドといった感じがします。
・ブルーアイス : 香りがとても良く強い。ブルーシルバーの色がとても綺麗で暑い時期に成長が早く、好き勝手な方向に枝を伸ばしながら成長しいたのでまとまりようが無くボサボサっとした感じでしたが、気温が下がってきたら枝を揃って上方向に向かせ始めたので、最近まとまった樹形になってきました。
・サルフレアー :  全体的にパステル色で綺麗だが、黄緑が葉先に向かって黄色になっていくグラデーションがとても綺麗な樹です。
・ビャクシン.オウレア : 幹よりの葉は痛くて栗のイガのように刺さりますが、新芽は柔らかいく草のようで、新芽と既存の葉の境が見ただけで分かるほど違いました。(冬を越すと固く痛くなるのでしょうか・・?)
・エクスパンサーバリエガータ : 緑に白模様の色合いがシルバーダストに似ているが、こちらは葉が硬く、成長もゆっくりしている。
・ビャクシン.ピラミダリス : 勢いの良い側枝が何本も出てくるので、切り取りが必要な樹です。
・ロブスターグリン : ロブスターのはさみのように成長点が割れ、今後のどのように成長し、どのような樹形になっていくのか予測不可能な樹です。実が青白く、濃い緑色の葉とのコントラストがとても綺麗。
・ウィンターグリン : 全体的に統一された緑で葉も細かく、多少下膨れ気味の樹形をしているが今のところ手間いらずの樹です。
・センチネル : 細身で硬い、まったくの手間入らず。ガーデンのアクセントには良いですが、この樹自体にあまり魅力が感じられません。
・ブルーパシフイック : 植栽時、観葉植物の苗のように弱々しい印象でしたが、今は痛いほどの葉になり、当初からの印象が一番変わった品種です。
・ライムグロー : 黄緑色の葉で、夏まではゆっくりながらも斜め上の横方向に伸びていたのに、気温が下がり始めたら葉が上向きになった。 
・ウィルトニー : 青味かかった緑色の単色で地面を這って成長しているので、垂れ下げたほうが綺麗みたいです。
・マザーローデ : 葉先の新芽の金色が段階を経て濃い緑色へとなっていくグラデーションが綺麗。高さのある地面から垂れ下げたい品種。
・ゴールデンソーサス : ツンツンした黄色い葉先を横方向に伸ばして成長しています。
・ハイビャクシン.ナナ : 葉が密にしげり硬く、あまり変化のない品種です。
・ムーングロー : ウィタッチブルーと似ていますが、発色・樹形・成長度全てにおいて二番手という感じです。
・ウィチターブルー : 一番はっきりとしたシルバー色で、何の問題もなく綺麗な樹形を保ったままスクスクと育ってます。
・ブルースター : 目をひく水色でゆっくり成長しています。色は柔らかいですが、葉は硬めです。
・ゴールデンジョイ  : 葉の形や感触等、ウィンターグリーンを横張種にしたような感じで、ゴールドというよりグリーンジョイっていう感じです。
・コニカ : 密集している葉が、ゆっくりながらもポコポコっと盛り上がって成長していく様が可愛い樹です。
・デグルートスパイアー : 雰囲気はグリンコーンの小型版ですが、エメラルドと同じく真夏の炎天下は苦手な様子です。
・エメラルド : 一番日当たりの良い、南側に植えてあるのですが、真夏の炎天下は見ていて辛そうでした。
ちょっと日陰になるところのほうが、無理がなく、発色が綺麗に出るのかなと思います。
今のところ綺麗な樹形をしていますが、葉を割って中を見ると、将来樹形を乱しそうな勢いの良い側枝予備軍が出てました。
・グロボーサオーレア : 黄色系の柔らかい葉で、綺麗な球状を保って成長しています。
・グリンコーン : 葉が密に茂っているので目立たちはしませんが、他のニオイヒバ系と同じように幹に近い葉が少し枯れ落葉した他は、元気に真っ直ぐ成長しています。
・マリソンサルファー : 肌色かかった薄黄緑色と、優しい繊細な見た目とおり、葉の感触も柔らかく、最初の弱々しい儚げな印象とおり、葉やけを起こしてしまったり、内側の幹に近い部分の葉が多量に枯れてしまった。
・イエローリボン : 高品種の中で一番黄色身が強く出ていますが、幹に近い部分の落葉度も一番激しい樹です。
・ラインゴールド : 細かく柔らかい葉が密集して綺麗に球状のまま成長しています。
・コリンスゴールド : 黄色系で扇を縦方向に波打たせたような葉で、芯も真っ直ぐ伸びていき、何の問題のなく成長していく丈夫な樹です。
・イエデロ : コニファーといわれればコニファーですが、日本庭園にも違和感なく溶け込みそうな風貌です。

☆成長の分類☆(8月からの成長具合)
○早い(11cm以上成長)
レッドスター/ブルーアイス/ブルーパシフィック/ウイルトニー/マザーローデ/ゴールデンソーサス/コリンスゴールド
○普通(6cm〜10cm成長)
ゴールドライダー/サルフレア/ビャクシン・オウレア/エクスパンサーバリエガタ/ピラミダリス/ウィンターグリーン/ハイビャクシン・ナナ/ブルースター/グロボーサオーレア/グリンコーン/イエデロ/
○遅い(5cm以下成長)
ナナグラシリス/ゴールデンモップ/シルバーダスト/センチネル/ライムグロー/ムーングロー/ウイッチタブルー
デグルートスパイアー/エメラルド/マリソンサルファー
○最も遅い(0cmの樹)
ロブスターグリーン/ゴールデンジョイ/コニカ/イエローリボン/ラインゴールド
○枯れた品種
なし

☆モニターになって1年を振り返っての感想も報告。
コニファーが届いてから、しばらくモニターとして自主的に何をすればいいのかがわからず、ご指示いただいたことをこなしていただけだったので、今になって振り返ってみると、前半は花工房様が期待していらっしゃったモニターとしての責務を半分もこなしていなかったようで本当に申し訳ないと思うと同時に、見逃してしまった成長過程も多々あったと思うと、なんとももったいないことをしてしまったと後悔しております。
後半になったころから、日々の観察の中にも微妙な変化を見出す楽しみも出てまいりましたので、自分なりに記録に留めたり表にしたりするようになり、ようやくモニターとしての自覚も出てまいりました。
ですので、来年はモニターとして少しでも詳しく役に立つ報告ができるようにしていきたいと思っております。
以上です。

★途中で報告放棄...!
その後の報告は全くありません。残念です。

ワンダ−ガ−デン 花工房
栃木県宇都宮市石那田町桑原1467-1
E-mail hana@hanacobo.com