TOP品種リストへO&Aコニファー教室注文書

2001年度版 2002年度版 2003年度版 2004年度版 2005年度版 2006年度版 2007年度版
2008年度版 2009年度版 2010年度版 2011年度版 2012年度版

 オジサンの独り言2004年度版 
謹賀新年
年の初めに当たり
全国の花工房ご支援の皆様には良いお年をお迎えの事と思います。
温かなご支援に支えられて今年も頑張ってご期待に添えられるよう努力していきたいと思っております。
新しい品種も少しずつですが増えております、また今年から販売を予定している「ウインターグリン」等も販売を予定しております。人気の高いプンゲンストウヒも品揃えを豊富にして、より大きなサイズも販売出来るよう準備を進めております。
花工房サイト開設当初にお求めいただいた苗はそろそろ剪定、間引き、再移植の時期に来ているかと思います、それらを踏まえて今年は「サポートのページ」を重点的に作業を進めて行きたいとも思っております。
今年末には念願の「500000」アクセス達成も可能かも知れません。
50万達成の暁には再度「福袋」の実施も予定しております、ご期待下さい。
ガーデンコンテストの方も50名掲載を実現出来る日を楽しみにしておりますので振るってご応募して下さい。
コニファー大好きの皆様と共に、花工房サイトは今年も着実に歩み続けて参りたいと、年の初めに当たり決意を新たにしております。


メール送信に当たってご協力下さい。
1.メールの件名に、重要度マーク(ビックリマーク)は絶対に付けないで下さい。これを付けますと自動的に削除さ  れてしまいます。肝心なメールが届かない事になりますのでご注意下さい。
2.アドレスは間違いのないように慎重に、また再確認をしてからの送信として下さい。
  思わぬトラブルへと発展しかねませんのでくれぐれも慎重にお願い致します。
3.一件のメールで2つの用件を要求されますと、どちらか一方のみの処理となる場合があります。出来る限り別用件がある場合には別々の送信をお願い致します。返信要求のない場合には問題ありません。
4.画像を送る場合には出来る限り圧縮して、重さを200K以内に処理してから送信して下さい。
200K以上の物を送信されましてもサーバ側で拒否する様な設定になっておりますので送信出来ません
2004/01/13


オジサンの日課
一月も半ばになり随分日差しが強く感じ取れるようになってきました。寒さはこれから厳しさを増します、宇都宮はとびきり寒さの厳しい土地、よそから引っ越して来られた方は夜、底冷えがして眠れないと言います。
中途半端な暖房施設ですので厳寒地にお住まいの方の方がはるかに温かな冬を過ごしているかと思います。
そんな環境ですので朝は7時半頃の起床となります。直ちにPCのスイッチを入れてメールの処理を開始します。
その後、朝食を取り、9時にスタッフが出勤してきますので今日一日の作業手順の説明と、段取りに取りかかり、作業開始を見届けてから残ったメールの処理を済ませます。朝の作業が一段落したらオジサンにしか出来ない作業に取りかかり午前中の日課が終了します。
午後再びメールチェックをした後、農場の仕事に入ります。
夕方仕事より戻って直ちにメールチェックと、本日発送した分の「発送案内メール」の処理へと続きます。「発送案内メール」に限っては娘が代行する事もあります、最近は大部分が娘が処理しています。ここで一日の仕事が概ね終了となります。
夕食後再度メールチェックと、HPの更新に当たりますが、仕事の疲れで思うように出来ない日の方が多くなっています。矢張り体力の減退です。悲しいですが仕方ありません。
それで休日はどうなっているの....?。 と 言う事になりますが、オジサンに休日はありません。
用事があって出かける時か、年に数回の小旅行が休日です。時間がある限りPCの前に座っています。
暇な時間はほとんどありません。これがオジサンの日課となっています。
「私の睡眠は赤信号」と言った有名人がいますが、若さは本当に羨ましいです。
2004/01/13

ミツバツツジを楽しむためには......!
今年から正式にミツバツツジの販売を開始致しました。
各地からご注文をいただいております。この樹は極めてまれにしか見るチャンスが無いかも知れません。
将来は全国津々浦々でこの野生ツツジの花を目にされる事を願っています。
けっして派手な樹ではありませんが、そよとした風情は日本人の心深く眠る美的感覚を呼び起してくれるそんな植物と思っています。
早春枯れ木に色鮮やかな花を一斉に付け、遠目に飛び込んで来る色彩は「何が咲いているんだろう」と、思わず近寄って見たくなる程、目に強烈に飛び込んで来る花色です。
開花後は、新緑の薄緑色の葉が何とも言い難い風情を醸し出します。秋には個体差もありますが結構紅葉も楽しめます、そして寒中にじっと寒さに耐えている花芽の姿は、これもまた言葉に言い尽くせない魅力があります。
成長も大変ゆっくりで特別邪魔に成るほどには成長しません、切り戻せば簡単に回復もしますから管理のし易い樹かも知れません。しかも半日陰、日陰地での植裁に向いていますので日陰地利用の最高の樹木であるとも言います。
これ程素晴らしい樹が全くと言って良いほど認知されていないのが本当にもったいないと思います、世界でも意外と知られておりません。
大きな原因は管理が悪いと枯れる点にその大きな原因があります。
高山植物的な性質があるので正しい知識がないと何れ枯れてしまい、根付かない植物としてのイメージがあるのも事実です。
この辺の仕組みを「サポートのページ」で詳しく解説してありますのでご購入をされた方は必ずご覧下さい。
数年後には見事な花を付けると思いますので道行く人を楽しませて下さい、そして全国のご家庭でこのミツバツツジの可憐に咲き誇る姿が見られ日が一日も早く来る事を願っています。
2004/02/03


「春の隣」
栃木では梅はまだ先の先になりますが、とにかく温かな冬です。もう春かな....?と間違うほど温かな2月を過ごしております。
ここ数日で注文数も急に増えてきました、春の園芸が動き出したのかと感じています。
今年大きな事業と言いますか、企業で言うプロジュクトを立ち上げました。
今まで年齢的な事もあって躊躇していた案件なのですが、今年になってやっと重い腰をあげました。
息切れしないか心配もありますが皆様の温かなご支援に支えられて是非実現出来たらと考えております。
ご報告を出来るのはまだまだ先に成りますが、実現と言いますか完成の暁にはきっと満足して頂けるとものと思います。
本格的な春の前に夢中でその作業に取りかかっています。
カウンターが500000を超える頃にはある程度のご報告が出来たらいいなと思っています。
サポートのページももう少し追加しないといけないとも感じており、山積した案件をどれだけ解決出来るか不安もありますが、とにかく期待に少しでも応えられるよう頑張りたいと念じています。


慈雨
3月に入り注文の数が急激に増えてきています。今日注文書を送って数日中に配達を希望します...!。と言われても対応が難しい状況となりつつあります。配達希望日の1週間前には注文書が届くような時間の余裕をお願い致します。特に土曜日指定が圧倒的に多い中では発送日が特定の日に集中してしまいます。
ご注文いただいても「荷造り費、送料、その他記載事項の間違い」等を確認するために折り返し花工房から間違いがないか、訂正が無いかの意味も込めまして「ご注文賜りました。確認メールをご返信下さい。」のメールが届きます。
記載事項に間違いが無ければ直ちにご返信頂きます。
ここで注文の正式受注となり、発送の準備に入ります。この間で1〜2日程度は時間のロスが生じてしまいますので最低でも1週間程度の余裕でご注文頂けたら助かります。
当然特定日に発送が集中した場合には受付順と成りますので状況によりましては希望日に届かない事が十分想定されますので「指定日以外には植え付けが出来ない」と言う方は必ず十分な時間を見てご注文頂けたらと思っています。

また、最近品切れの品種が増えて来てご迷惑をお掛けしております。
花工房では他社からの買い入れ等はありませんので「入荷」という事はあり得ません。
販売時期に達するまで、成長するまで販売が出来ません。
コニファーとは成長が早く、苗でも販売出来る品種でも挿し木後2年、通常は5年程度の時間が必要と成ります。
人気のホプシーなどは接ぎ木後2年程度の物では販売はおろか、細心の栽培管理をしませんと枯れてしまいます、やっと販売可能に成るには最低4年、ある程度観賞出来る様な樹形に成るには8年程度の時間が必要となりますので、注文が増えたので増殖しようか...としても直ちに販売出来る状況には成らない事をご認識頂けたら大変有り難いです。

今日は数ヶ月来の雨となりました。
土埃の中の作業が続きましたのでホットしている一日です。
コニファー達もこの雨を心待ちにしていたかも入れません。毎日鶯の声に癒されており、春間近と言った今日この頃です。
2004/03/18


私にも植えられますか.....??。
ご来店のお客様でこの様に言われる方か結構いらっしゃいます。実際植木とは植木屋、造園業者が植えるもの。
素人などに植えられる物ではない....!!。と考えている方も多いのでは無いだろうかと思います。
その為に「花工房HP」の存在価値があるのです。
コニファーを売るためだけのHPでしたらここまで沢山の情報を載せないでしょう。また載せる必要も無いはずです。
売るためだけだったら綺麗な画像と、美味しい文字列を並べ立てれば良いのですから。
余計なページや、周りくどい説明も必要ないでしょう。
一人でも多くの方がコニファーの素晴らしさを認識されて、植えてみようか.... ?。
でも植木など植えられる物だろうか....?、どの品種を選んだら良いんだろう...?
等々色々悩まれると思います。この悩む事自体が楽しい事ではないですか、オジサンはそう思っています。
たしかに面倒くさい....、時間が無い...、色々あると思いますが、何も解らない状態から積み木を重ねる感じ、プラモデルを組み立てる感覚で作り上げた物は何物にも代え難い愛着があります。まさに我が子を育てるのと一緒です。

で、迷いに迷ったら「質問メール」を遠慮無く送って下さい。親切丁寧の返事とまでは時間の関係で出来ませんが、要点だけはしっかりとご返事致します。
素人がマイガーデンを完成するまでのお手伝いをするのが「花工房HP」の最も狙いとするところなのですから....。
実際に半信半疑でお求め頂いた方が今ではコニファーにはまってしまいました....!。
コニファーに癒されています....!。朝な夕なに眺めてはニンマリしています...!。
とコメントを数多く寄せられています。

勿論お買い上げ後もしっかりとサポートをしております。
お買い上げ後に質問をされた方は実感なされていると思いますが、「回答メール」は最優先でご回答差し上げております。ご注文のお客様より優先と成ります。
時間が無いので要点だけの簡便な回答に成りますが問題なく解決されるか、納得されております。
状況によっては代替え品の発送もあります。
残された僅かな時間です、こせこせしても、お金儲けに走っても空しいだけだと思っています。
ただし、花工房サイトは「私はお客様」をむき出しにされるお客様に取って決して親切なサイトではありません。
2004/03/20


植物の薬効
ご心配なく。どのコニファーも大変気に入りました。ところで今回購入させてもらったヨーロッパイチイ(Taxus Baccata)の葉から抽出した物質がTaxane系と呼ばれる新しい抗ガン剤として乳がん、肺がん、胃がん、卵巣がんなどの治療に威力を発揮しているのをご存じでしたか?全く植物の持つ力は偉大ですね。

お買い上げいただいたお客様からの専門的なメールを頂きました。
皆様にも是非知っていただけたらと思いまして更に詳しくご教授下さい....。と無理なお願いを致しましたところ、下記のご返事をいただきましたのでご報告を致します。


ヨーロッパイチイ(Taxus Baccata)の針葉から抽出したTaxaneと呼ばれる化学物質が今世紀最高とも言われる抗ガン剤として臨床で広く用いられています。
製剤としてはタキソール(一般名:パクリタキセル)とタキソテール(一般名:ドセタキセル)の2種類があり、既存の抗ガン剤が無効であった胃がん、肺がん、乳がんなどの治療において高い有効性が認められています。今、最も注目されている抗ガン剤のひとつです。がんの治療に携わる外科医にとって、これらの抗ガン剤は強い味方ですので、がんとの戦いのシンボルとして我家の庭に是非ともヨーロッパイチイを植えたくて購入した次第です。


五月晴れ
オジサンの二人目の孫は男の子。真新しい鯉のぼりや、やや色あせた鯉のぼりが元気よく泳いでおりました。こどもの日は例年好天に恵まれるのですが今年はあいにくの雨天です。
何時も地面ばかりを見て仕事をしています、気が付いて周りを見渡すとすっかり青葉若葉に変わっていました。すっかり春どころか、今日は立夏。
年間で最も多忙なこの時期ももう少しで終わりを告げます。HPの手入れもなかなか出来ずに来ています、書き込みが暫く無いと「オジサン」に何かあったのでは....と安否確認のメールをいただく事もあります。
元気で働いている証がこのページなのですが、年毎に体力が落ちています、頑張りが利きません、今まで何事も無くしていた仕事がだんだんときつくなってきています。
反面注文量も増えて来て品切れ品が多くなっている事に大変申し訳なく思っておりますが何せ青菜の様に数ヶ月で製品が出来上がる訳でもありませんので焦ってもどうにもなりませんが何とかせねばと思う日々が続いております。
2004/05/05


花工房サイトは少しずつですが進化しています....?
いつもお世話になっております。
昨日予定通りコニファと資材が届きましたので、早速開封し中身に間違い無いことを確認致しました。
年々梱包の仕方が改良されており、コニファの管理、HPの更新以外にもいろんなことに改善を行われていることが良く分かります。
代金については早々に振込み致します。
今後ともよろしくお願いします。

本日受け取ったメールです。
花工房サイトは1999年11月に開設しました。まだ新しいサイト?です。
で、上記のメールは開設して最初にお買い上げいただいた長崎のお客様からのものです。
購入に当たっては大変な勇気がいったと思います、賭けだったのかも知れません。
その後も何度かお買い上げいただいて現在に至っております。何本かは枯れたみたいですけど、今では環境にもすっかり馴れた様子で見事に生育をしています。
コンテストのページに画像がありますので関心がありましたら覗いてみて下さい。
S様もここまで継続するとは当初は想像していなかったと思います。
当初のページは何も解らず夢中で作り上げた物ですから今のページに比べたら本当に粗雑な物でした。その事を良く知っているからこそこの様なメールを送られたのだと理解しております。
その間随分と全国の心温かなお客様よりご支援、ご指導頂いて細々ではありますが何とか運営をして来ました。大変有り難いと思っております。感謝感謝の日々でもあります。
無い無い尽くしの厳しい状況の中でも出来る限りの努力は今後とも続けたいと思っております。
2004/05/16


発送作業風景
開設当初は月に数回、オジサン一人で十分事足りておりましたが、現在は3〜4人体制で発送をこなしております。
全部女性陣が当たっております、1.8メートルクラスの苗になるとダンボール箱に入れるのも結構力がいります、二人がかりで入れる事もあります。
発送品が多い日には朝の9時から午後3時頃までかかります、伝票を書く人、注文品を集める人、梱包する人それぞれ夢中でこなしています。
通常は午前中で何とか終了しますが、午後の4時頃には運送業者が集荷に来ますのでそれまでには終わらないと大変な事になります。
で、この発送の経費はどこからも出ません、1万円以下の場合には500円〜1.000円をいただいておりますが、実際はダンボール代に消えてしまいます。価格はご来店いただいた場合と全く同じ価格ですのでこの経費が出ません。
今回一部価格表を訂正させていただきます。小さなサイズでの変動はほとんどありませんが、大きなサイズでは価格が上がっております。ご理解いただければ幸いです。
2004/05/16


花工房サイトでは何を優先すべきか.....!
花工房では情報提供を積極的に受け付けております。受け入れ可能、貴重と思われる情報提供者には些少ではありますがプレゼント品をお送りさせていただいております。
献身的な情報が沢山寄せられておりますが、時間がない、知識がない、根気がない等々ないない尽くしの中では自ずと対応に限界が生じてしまいます。
出来れば全部ご要望に応えて行きたいと思っております。
そんな状況の中で花工房に取って何を優先すべきか.....?。 この事を常に自問自答しております。それは開封した瞬間に味わう満足感、品質の優れたコニファーの生産と、その後のサポート体制かと思っております。
現在お送りしている苗の品質は70%程度かそれ以下だろうと思います。決して満足した商品ではありません。
栽培時間が少ない事もありますが、改善点、改良点は数え切れない程山積しております。
それらの状況の中でも実現可能なものは逐次改善を図って行きたいと思いますので遠慮無く情報提供をいただけたらと思っております。
2004/05/16


園芸品種名に関する事
「お客様の声」の最下段にホプシーに関する記述があります。
園芸品種又は品種名の付いた植物は全て栄養繁殖で増殖します。取り木、株分け、挿し木、接ぎ木、成長点培養等で繁殖した物以外は品種名を付けて売ってはいけません。これはこの業界のルールです。ところが実際にはこの事例が結構あります。
何が違うのか.....と言う事になりますが、ホプシーも、コスター、グラウカグロボーサ等も「ピセアプンゲンスグラウカ」と言う種類の実生から選抜された物です、ここまでは一緒です。
ところが優れた個体を選別して品種名を付けるとこの時点から世界でただ一つの1つの固有の物となってしまいます。
「ピセアプンゲンスグラウカ」の種子を播くと何万本かに1本程度はホプシーとそっくりか、それを上回る優良個体の出現があります。実際にこの目で見た経験があります。
でも通常はやや青みの濃い物を「ホプシー」として売る業者がまれにいます。この事を知ってか知らずか定かではありませんがこの傾向はこの業界に存在します。
たとえ優れた個体であろうとも実生から育成した物は「ピセアプンゲンスグラウカの実生苗」として販売しなければなりません。
2004/05/22

お客様よりのその後のご報告
いつもお世話になります。先日は「樹種」ご鑑定ありがとうございました。その後の結果につきましてご報告申し上げます。

納入業者にたいして樹種確認を依頼して回答を得ました。業者がおこなった専門家および公的機関の写真による調査報告でも、「ホプシー」とは判定できないことと、写真からは樹種を確定できないこと、また、例えホプシーの実生選抜であってもホプシーとはいえない、との結論であった由。
販売業者から謝罪と事後処理について申し入れがありましたので、誤送品の引き取りと注文品の納入を提案しました。

引き取りについては、昨日業者から委託された生産者が当地に来て撤収しました。
また、注文品(ホプシー)については、販売業者の取引先には該当品がないということで、返品扱い(代金返還)の処理をいたしました。
以上で今回は一件落着となりました。

当初「疑問」を持ったときから4ヶ月、思い切って御社に鑑定をお願いし、明確な答えをいただき、自信を持って交渉することができましたのも、ひとえに御社のおかげと心から感謝申し上げる次第でございます。

コニファーを主体とする庭改装に、近隣の花木センターで間に合わせていましたが、御社サイトを見つけて品種の多さと育成に対する提案に目が覚める思いで、第一回オーダーをお願いし予想以上の現物に出会った時、正直これからはここだと思ったものでした。
イメージとしてシンボルツリーは「ホプシー」がありましたので、御社の生産にないことから「ネットショップ」そのものを信用して該当品を見つけ、安易にオーダーしてしまいこの結果となりました。

今回のことは自身にとって大変勉強になりました。御社の主張される「自信のもてる良品提供」と「植物に対する深い憧憬」「顧客の喜び我が喜び」に、改めて敬意と謝意を表する次第でございます。
末筆ながら、社長様はじめスタッフのみなさまのご健勝を願いながら、御礼とご報告を申し上げます。



御社では整枝の作業はしていないのですか....?
●届いたコニファーは幹が2つになっています、大変見苦しいです....!。
●届いた苗は整枝剪定直後のゴツゴツした感じで好きになれません、時期的に仕方ないとは 思いますが...!。
●下の方に全く枝が無くてこんなんで良いのでしょうか....!。
●前回頂いた物と鉢のサイズが違います、当然ボリュウム感も違います、高さは基準を満たしておりますが、交換をしていただけますか。
等々発送時期、受け取る感じはそれぞれですから仕方ありませんが、発送品の全ては在庫品の中で最も形状の良い物から発送している事だけはご理解をいただきたいと思っております。
樹木は工場で型にはめて作っている物ではありません、当然2本と同じ物は出来ません。
また日々成長を続けていますので形も刻々と違って来ます。
また強い横枝が出やすいグリンコーン、コニカ等では常に強い横枝を見つけ次第切断しておりますが発送時期にこれをしますと大変見苦しく感じられますからある程度は承知していても発送する事があります。
地際部分の下枝が無くても4メートル程度まで一気に成長するグリンコーンなどではやがてこの位置の枝は枯れたり、大きさからして気にならなくなってきます。
何れの事例もこの業界としては許容範囲内と判断した物を発送しておりますが全てが完璧な樹木などあり得ないのですから多少の不具合はお許しをいただきたいと思います。
植物は結構賢くて自然とそれらを修復して成長します、気が付いたら気にならなくなっていた、と言う問題ですのでご安心をいただきたいと思います。
しかし、根の粗末な物、幹の意外と細い物等では将来ともこの症状を引きずる事もあります。

大部分の品種では春から夏にかけて1〜2回程度は整枝剪定を実施しております。
特に匍匐性種では成長点を10センチ〜15センチ程度は切り戻します、サイズが小さくなって商品価値が下がる事を手間を掛けて何故するか.....と 言う事ですが、これをやらないと丸い形、株元にしっかり枝葉が付いた優れた商品を作る事が出来ません。
同じように上に成長する品種で枝数の少ない品種でも成長点を切断します、これをやらないと下枝が少なくみすぼらしい樹形になってしまいます。
この様な事をしなくても成長が停滞期に入ると自然と横枝が自然と発生してきて以前の面影が嘘のように見事な樹に成長しています。
不思議ですがこれが植物の特性でもあります、この機会に是非この事を認識していただけたら思います。
エンピツ状態の苗でも4メートル程度になると横枝が1.5メートル程度には広がって来ます。
現代社会のスピードを植物に合わせないでいただきたいと思います。
じっくりと、気長に育てて下さい、それでも5〜6年後頃にはうっとうしく感じられるようになるのですから。
2004/05/23


入荷は何時になりますか....!
以前はこの様な問い合わせが結構ありましたが最近は陰を潜めたと言いますか、理解されて来たのかも知れませんが、少なくなりました。
品切れ品が多くて大変申し訳無いと感じています。どう頑張っても数ヶ月で製品になるわけではありませんのでどうする事も出来ません。
品種によっては販売開始から数日で完売してしまう物もあります、絶対数が足りないのが原因なのですが、栽培場には膨大のコニファーが並んでいます。自注を見込んでの生産が出来ないので品種によっては処分に困る品種も出てきます。
それではよそから仕入れて販売すれば良いだろうに.....!。と思われるかも知れません。
商売としてはそれは常識です。でも花工房ではこれはやりません。何故かと聞かれればその商品に責任が持てないからです、当然保証等も出来なくなります。
花工房では状況によっては運賃と箱代のみをご負担頂ければ枯れた場合に別な物をお送りしております。これを読んで確かに....と頷かれた方もいらっしゃると思います。
売れる時に売らないでどうするか....!。 なのですが、1本でも多く売ろうとするサイトではありません....!。と 表明している様に信用を落としてまで売ろうとは思いませんし、売りたくもありません。
花工房サイトを信じて買って下さる方だけで十分です。
還暦間近で、後継者もいない現状からしてそんな欲はみじんもありません。


グリンコーンの話
クレストと並ぶコニファーの代表種。成長が早くて、強健で、価格が安い。
目隠し目的としては最有力候補でもあります。濃緑色をした細身のコニファーを見たら先ずこの品種に間違いありません。それ程普及しています。
花工房としてもお勧めの品種です。
ところがこの品種だけは植えたくない.....!と 言う造園業者もいます。
何故か....? 2つの大きな欠点を隠し持っているからです。初期には全く解りませんが、植え付け5〜6年後を超える頃からしきりと側枝が発生してきます、そのまま放置すると主幹が何本にもなって何とも見苦しい姿に変身してしまうからです。
雪など積もるとその部分が更に開いたり枝折れしたりでそれは大変見苦しい様相を呈します。
更に追い打ちを掛けるように風の強い場所では必ず倒れて来ます、全倒はしませんがこれもまた見苦しい格好となり修復は難しいです。
花工房ではこれらを少しでも軽減しようとして細身で、側枝の発生しにくいタイプを選別中です、今後は細身タイプの物だけをお送り出来るかと思います。
園芸種では本来どの部分を挿し木しても、何度挿し木を繰り返しても本来変わる事はありません。
ところが何100回、何1000回と挿し木を繰り返す内に微妙に個性の変化が生じます。
細身の個体何千本の中から数本選別して、更に細身の個体からのみ挿し木を繰り返す内に明らかに通状品と違う個体が生まれて来ます。
こんな地道な作業もしています。
2004/06/22


ホプシーの生産
昨日ホプシーの0.6メートルを価格表に載せました。
反応がもの凄く早いですね.....!。本日価格表より削除しました。
長い間待ち続けている方の為にたとい数本でも販売可能状態になれば販売しようと思いまして価格表に載せましたところ、あっという間に完売してしまいました。
あと数年立てば十分な量が販売出来るようになります。大変心苦しいのですがそれまでご辛抱下さい。
としか言いません。
良く似たコスターでしたらある程度量が出来ていますので宜しければそちらをお求め下さい。
初心者では先ず識別出来ません、プロでも単品での識別は難しいです。
確かにホプシーの方が色が白っぽくて綺麗に見えますが、夏以降は更に見分けが付きにくくなります。
2種並んでいても余程見慣れていないと識別は困難です。それ程差は無いのです。
コスターを女性型、ホプシーを男性型と言う表現が出来るようにホプシーは針葉が大きく鋭い感じで、成長も早く、枝葉も全体的に粗いです。
一端成長を開始すると毎年剪定をしないと節間が間延びしてしまうので見苦しくなります、適度に切り戻しをしませんと密な樹形には仕上がりません。
知名度、人気度だけでの判断での購入は慎重に。
ちなみに花工房にはこのコスターと思われる原木が5メートル程度の大きさに育っています。
ご来店されたら是非ご覧下さい。オジサンとしてはこちらがお勧めだと思います。
2004/06/22


オーナーの顔を一度も見た事ありません....!
まだ花工房サイトを立ち上げる以前のお話になりますが、相模原からですから片道3時間はゆうにかかる距離かと思います、年に1〜2度は必ず足を運んで下さる方がいます。
本当にコニファーが好きなんでしょうね.....。コニファー以外の趣味は無いのかも知れません?。
S氏によりますと初期には随分枯らされたと伺っています。そんな事もあってか園芸誌から花工房を見つけてのご来店だったそうです。
こんな遠くまで良く来られますね....! と尋ねた返事が、ここは違うから(花工房)と一言。
どこの店でも店員にお金を払って商品を持ち帰って来るだけ。どんなに古くから足繁く通っても、常連の客でもただそれだけの関係。そおおっしゃいます。確かにその通りです。
ましてや社長の顔など一度も見た事が無い....!。と付け加えます。
コニファー生産者の生の声を聞きたいのと、コニファー談義が何より楽しい事なのだと思います。
店員では何を聞いてもありきたりの答えしか返って来ませんから確かに物足りないですね。
私もそう思います。
何時も2時間以上はじっくり見たり購入したり、コニファーの四方山話をされてお帰りになられます。
最近では珍しい品種が手にはいると持参して下さいます。大事に預かって増やした子供をお渡し出来たらと思っています。

花工房は通常の園芸店とは全くシステムが違います、多分全国でも例がないと思います。
何が違うのか....と言う事ですが、「農場直結型の園芸店」という事です。
売店の敷地内に農場があります、当然生産状況やら生産のスタイルが全て解ります。
当然オジサンも常駐しています。でもご来店のお客様にいちいち話しかける様な事は先ずありません。
折角ご来店されたのですから他では絶対に聞けない質問などをされたら良いのに....と何時も思っています。
参考書を片手に物色されいるお客様をよく見かけますが、これは逆だと思います。実物より確かな物はありません、ましてや参考書の写真は外国で撮影された物が大半かと思います。
詳しい説明もしてあげるのに.....!。とオジサンは常々思っています。生まれつきのブッキラボウの話し方の上に、話し下手ですから滅多な事では話しかける事はありません。
一般の園芸店にすっかり馴染んでいるので話しかけにくいのかも知れないですね。
栃木弁の語尾の上がったかん高い声にビビルのかも知れないです、京都弁みたいなソフト言葉ではありませんので驚かないように。また喧嘩などは絶対に売りませんのでご安心下さい。
2004/07/29


ご来店時のマナーに付いて....。
上記にも書きましたが、売店と農場の区別がありません。売店には価格の提示や品種特性なども標記しておりますが農場にはそれらは一切ありません。
農場の見学は大歓迎です。当然遠路お越しのお客様にはじっくりと見学をして頂きたいとも思っております。
でも農場は生産現場です、工場または研究所と一緒の部分があり、見られては困る物、さわっては迷惑な物も存在します。案内掲示などを出来れば良いのですが小規模の植木屋ではままならない事もありましてそれらの表示がありません。
農場では通路以外には立ち入らないで下さい。ハウスの中も同じです。販売も致しますが必ず店の物に断ってから立ち入って下さい。マナーの悪い方には遠慮なく注意致します。
売店の品は価格の提示もありますし気が済むまで見る事は当然ですが、価格提示のない農場の商品には手を出さないで下さい。
また危険な物も放置されている事もありますから通路以外は絶対に立ち入らないで下さい。
係の物に断ってからにして下さい。
当然立ち入り禁止の場所もあります。


ご無沙汰です.....!
このページを心待ちにしている方には大変申し訳無く思っています。
時間が無くてなかなか書き込めません。
アクセス数も限りなく50万に近づきつつあり気は焦るのですが気力が伴いません。
あれやこれや日々考えてはいますが、今年の暑さも加わってすっかり夏バテ気味。
しかしこの暑さでもコニファー達はしっかり成長しています。
皆様のコニファー達は元気にしているでしょうか.........?。
地植のコニファーも植え付け1年未満の物は状況によっては灌水が必要かも知れません。
鉢栽培は毎日必要でしょう、特に夕方5時以降が良いと思います、鉢底から十分流れ出るまでタップリと与えます、地植の物も葉水はお勧めです。周りの気温もさがりますしコニファーにとってもご機嫌になります。地面がジメジメではやりすぎです。
特に「コニカ」のダニ退治にももの凄い効果が現れます。高温乾燥で大発生しますダニは水分にはもの凄く弱いですから夕方の葉水はダニ防除としてお勧め致します。
2004/07/29


こんなに早くご返事がいただけるとは思っていませんでした....!
こんな返事をいただく事があります。
随所で関連した記載があると思いますが、周知徹底とまでは言っていないみたいですので再度この件に付きまして花工房の経営理念を述べてみたいと思います。
メールでのご返事では、お買い上げいただいた方の質問を最優先と致します。
次がご注文のお客様となり、一般の質問は最後となり、簡略な回答しか出来ません。
特に他店でお買い上げの商品に関する質問には一切ご返事致しません。お買い上げ店、又は植え付けられた業者の方へお問い合わせ下さい。
お買い上げいただいた商品に関しての質問は早朝までに着信した物は午前中までには必ずご返事致します。最悪でもその日の内には返事するように心がけております。
サポートのページも未完成ですし、全て対応出る訳でもありませんので知りうる限りのサポートを目指しておりますので遠慮無く何度でもご質問下さい。
この件に関してはどの園芸店、関連サイトにも絶対に真似の出来ない絶大な自信を持っております。
植物は消費する物ではありません...! 育てる物です。当然その後のサポートが必要となります。


「枯れ保証」ってしっていますか....!
公共工事での植裁ではたいがいこの「枯れ保証が」か゜付いています。
通常植裁日より1年以内に枯れた場合には植えられた物と同等の物を無償にて植え替える事を指します。
正直業者はこれを大変に嫌います。枯らしたら大変な赤字となってしまうからです、同等の品が簡単に手に入る樹木ではそれでも良いのですが、中には滅多な事では手に入らない物もあります、この場合には大変な事になってしまいます、多分次回からの受注は無いでしょう。
一般の方はこの言葉をほとんど知りません、業界用語ですから仕方ありませんが、是非この言葉を記憶しておいて下さい。
で、業者に植木とその植裁をお願いする場合にこの言葉を思い出して下さい。
最初はしらんふりしていて、いざ契約の段になったら「1年間の枯れ保証を付け下さい」と契約書に記載をしてもらいます。
この一項はもの凄く威力があります。
業者はもの凄く嫌います。
なぜなら、根の不安な物はうっかり植裁出来ないからです、状態の良い苗を植えてもらう何よりのテクニックとなります。
植木の善し悪しは根の状態を一番重要視しなくてはいけません、樹形はその後に付いてくる物です。
この条件を渋る様な業者では契約を見合わせた方が賢明です。
2004/08/16


変な先入観を持っていませんか....?
植物が枯れてしまう....と言う言葉を良く耳にします。植物の管理について基本的な部分で間違った管理をしているからです。特殊な品種を除いて滅多に枯れる物ではありません。

1.鉢栽培では、用土と灌水が違っていないですか....
用土は赤玉土の小粒単体か、中粒を1〜2割程度混合して使用します。間違っても余計な物を混入してはいけません。腐葉土を入れたり、培養土を入れたり余計な事をするから枯れるのです。
この用土では植物に取って完璧ではありませんが、初心者が枯れないで育てるのはこれ以外にありません。
経験を積んだ後、完璧な用土を研究して下さい。

2.灌水は、乾いたら十分に....。これ以外にありません。
何日置きに....などと言う機械的な感覚では間違いなく枯れます。
地域、時期、用土、環境等全て条件の違う中で何日置きに.....などという事はおよそナンセンスです。
灌水の目安は鉢土に指を差し込んで土の湿り気で判断します、又は鉢底を見て乾燥状態を観察します。灌水をするときには十分過ぎるほどジャブジャブと与えます。

3.基本中の基本は.....。
乾燥する用土(酸素を沢山含む状態)で、沢山の水を掛ける事。

4鉢底にゴロ土を入れない事。入れて排水が良くなる物ではありません。入れない方が排水が良くなります。
花工房ではゴロ土など使用致しません。全く必要ありません。
5.地植でも用土に余計な物を混ぜない事。
地下部を掘り起こすだけで十分です。コニファーとは国内に自生するスギ、ヒノキ、マツの仲間です小型種を除いてそんなにひ弱な植物では無いのです。余計な事をしすぎるからです。
真夏は別ですが、適期の植え付けでは植え付け時に十分灌水すればその後は必要ありません。
植物の根は水分を求めて伸びる...と理解して下さい。
乾燥状態だと根は太い根が張りだし、水分過多ですと細い根しか張りません、又はほとんど張り出さず根腐れで枯れてしまう事になります。
砂漠地帯でも無い限り土中の水分が極端に乾燥する事などあり得ません。
この事は十分過ぎる程解説しているのにこの事を知ってか、知らずか未だに無視して間違った管理をされている方が沢山います。
2004/08/16


矢張りホプシーですか....!!
なにげなく検索ページで「ホプシー」で検索しましたら、随分苦労して入手先を探している人がいるんですね!。
国内では珍しい葉色ですからある程度は理解できますが、ビャクシン系にもありますし、シルバー系が欲しいのでしたら他にもあるでしょうに....。人気が一人歩きしている感じです。
初期に入れた人はもう飽きてきています。で何に移行しているかと言ったらマニアック的な物です、これがコニファーか....って言う感じの物を欲しがります。
で、オジサンは問います、何んでホプシーなのかと......。
今までに植物を育てた経験のない人がいきなり育てられる物ではありません。
何万円もする高価な物を。
しかも鉢で育てている、将来4〜5メートルにも育つ物を。将来どうする気なのかと人ごとながら心配してしまいます。4メートル先まで防除出来る手だてがあるんでしょうか。
マツケムシとシンクイムシは間違いなく付きます。好んで付きます。この事を知っているのか知らないのか、何も知らない方が気楽かも知れないけど。
先ずはある程度のコニファーを育てて経験を積んでから挑戦して下さい。
2004/09/03


いやになるほど書いていますが、理解していますか...!。
地植に比べて鉢栽培は植物に取って劣悪な条件ですよ....。地獄かも知れませんよ。
それ程鉢栽培とはコントロールの難しい栽培の仕方なのです。お宅のコニファー達も、もの凄
いストレスを感じています。
真夏と、真冬に鉢内の温度を測って見て下さい、良く解ります。同じ土でも地植と鉢栽培では
天と地ほどの差があるのです。是非土中温度計で測って見て欲しいです。
水分もその通りです。
その劣悪な環境を少しでも改善できるのが用土なのです。
何度も言いますが、赤玉土が一番無難な用土です、初心者はそのまま使用します。余計な物は一切入れません。
それでは完璧な用土では有りませんが、枯れないでそこそこに育てるには最高の用土なのです。
2004/09/03


グリンコーンが枯れました。
是非試してみて下さい。
根巻き苗を二階造りの住宅でしたら北側の雨が当たる地面に、何かに立て掛けてそのまま放置します。
なければ雨の当たる日陰の場所で経験して欲しいです。
枯れません...。やがて根が出て来て持ち上げる事が出来なくなります。
これがグリンコーンなのです。....理解できますか。
それが枯れるなどという事は先ずあり得ないのです。
その大きな原因が植物に付いて何の知識も無いという事です。または間違った考えで管理をしています。
植え付け後は余程の事が無い限り灌水は厳禁。
余計な資材は一切使用しない。
とにかく放任栽培が一番良いんです。
コニファーとはもともとそう言う性質なのです。
2004/09/03


曼珠沙華
今年は何時までも暑く、しかも雨の少ない9月でしたので花工房の地域ではすっかり秋の取り入れが終わっています。
本来なら取り入れの真っ最中...と言ったところなのですか。エンジン音がピタリと消えました。
後には切り株が残っているだけ。例年になく大豊作との事で農家の人は喜んでいます。
今になって雨模様の日が続いています、こちらでは恵の雨...と言ったところです。
時季外れではありますが九州、四国、関西、東北で台風の被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。
幸い関東にはほとんど被害はなく今のところホットしています。
トップヘージのリニュアルに向けて結構忙しく、不安な9月ではありましたが、ほぼ修正作業も残り僅かとなり安堵しております。
気温が高かったせいか、朱色の曼珠沙華の花をしみじみ見る事がなく、花が終わってしまいました。
毒のある花ですが、彼岸前後に咲くこの赤い花は何とも印象深い花です。季節は秋だな...と改めて感じさせてくれます。
2004/09/27


久方ぶりの書き込みです。
大きな台風、そして地震と、立て続けに起こる自然災害にただただ驚いています。
自然の持つ巨大なエネルギーは想像を超える凄まじい物が感じられます。
自然をなめてはいけないとも思います。
便利で快適な生活に慣らされている現代人は自然災害には極めて弱い部分があります、快適な生活の行き着くところは
どこなのかと思わずにはいられません。
熊も、猿も、鹿も山を追われて?、里に下りて来ています、ペットで飼った動物が野生化もしています、このまま進む
と本当にどうなってしまうのか不安があります。

被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
そして一日も早く元の生活が取り戻せるよう祈っております。

やっとリニュアル後の整理が終わってホットしている間に10月も僅かとなってしまいました。
コンテストも応募が途切れておりますので是非応募して下さい。待っています。
福袋の件も思案しておりますがまとまりません、今月中には結論を出したいと思っています。
2004/10/26


またまた、久方ぶりの書き込みになってしまいました。
福袋....結構好評でした...!。
次回は100万達成時にになろうかと思います。中でも福袋Aの方は特別販売と言っても良い位の思い切った販売でした。これだけ下枝がしっかり張っている物は国内を探しても先ず無いでしょう。また幹の太さも見て下さい、高さに比較してこの太さは驚きの太さです。
この様に下枝を沢山出しますと上に伸びずらくなります、結果として成長にブレーキが掛かる結果となります。
下枝は少しだけ残して切断している農園もあります、実際この方が早く成長してお金が取れる苗が短期間で出来ます。
届いた苗は、やや直立性に欠けているようにも感じられたかと思いますが、地植しますと一気に伸び出します、また地下に太い根が張り出すと同時に、自然と勢いの良い芯が伸び出し、何時のまにか垂直に修正されてしまいます。
それまでの期間は支柱を立てられた方が良いでしょう。
お届けの品は自慢の一品として下さい。....品種はコスター、あるいはモヘミーでした。
2004/11/19


降霜
宇都宮の最北端では早い年で10月17日には降霜があります。平年値でも10月中には必ず数回の降霜がありますが、
今年は11月中旬でした。
確かに温かな晩秋です。反面雨の多いのには少しうんざりしています。
ボチボチ冬支度の準備に入ります、大部分の品種はハウスヘ搬入して越冬させます、これをしませんと極寒の地では商品が傷んでしまいますので重要な仕事になっています。
お陰様でご注文数も年毎に増えて嬉しく思っています。2度、3度とご注文をされる方も非常に多く花工房のコニファー
も「買って安心」と言う信頼が生まれつつあるのかも知れません。嬉しい限りです。
発送作業も結構忙しく、午前中は4人〜5人体制で発送作業に当たっています。
で、オジサンは孫の遊び相手となり、午前中は楽しくもあり、気の休まらない時間帯でもあります。
オジサンに取って二人目の孫となります、男の子で誕生日を10日前に迎たばかりです。
今月中には歩き出せるかな....。
2004/11/19


プロジュクト、その後。
今年の春、プロジュクト...?を2つ立ち上げました。と、このペ−ジでご報告致しました。その後の状況をご報告致します。プロジュクト何んて大げさに言っても所詮山深い田舎の植木屋がする事業です、たかが知れていますが、ま関心がありましたら読んで下さい。
1.新品種の導入
以前よりご要望がありました、また既存の品種ばかりでは皆様に満足を差し上げられない状況でしたので思い切って新品種の輸入を計画して見ました。
結果は.....惨憺たる結果となってしまいました。
80種輸入手続きをして、実際に40種入荷しました。その中で20種は枯れて、残り20種となってしまいました。
輸入の難しさを改めて実感した次第です。コリゴリといった感じだけが残ってしまった、まさに失敗談です。
通常素人が輸入する事は大変難しいです、たまたま近くで毎年輸入している業者との出会いが有ったので気軽にお願いしてしまった事も原因ですが、入荷時期が1ヶ月遅れたりしてしまった事が最大の致命傷となりました。
届いた苗は貧弱で、これでお金が取れるのか...って言った非常にお粗末な苗に驚きと、こんな品質の悪い苗を送って良心が痛まないのか不思議です。
しかも接ぎ木1年苗や、挿し木当年苗も混じったそれは最悪の苗です。
諸経費を入れるととんでもない単価と、それに比例した請求書が届きました。とても想像も付かない高額な金額です。
それでも入荷した品種全部が活着してくれたのなら諦めも付きますが、半分も枯れてしまっているので何とも高額な授業
料を払ったものです。
反省しきりです。
この苗も数年後には販売出来ますので少しだけご期待下さい。

2.見本樹園の作成
こちらは順調に行っています。1.200坪程度の場所へ1本づつラベルを付けて植えています。
数年後にはある程度見られるかと思っています。混植でコニファーガーデン風に植えてある場所はあるのですが、1本毎にラベルを取り付けて...と言う物ではないので正確に品種を見るには不具合がありました。
国内ではこの様な場所はまず無いと思いますので是非ご期待下さい。
将来はこの場所で剪定講習なども定期的に実施して行きたいと計画しております。
2004/11/19

コンテストご応募ありがとうございました。
沢山の作品が掲載出来まして何より嬉しく思っております。
年毎に応募数が増え、作品レベルが高くなっている感じがして将来の姿に想像以上の期待感を抱いています。
皆様の期待も高く、「何れ応募してみたい」と言うお便りも数多く寄せられております事からして、植裁の参考事例と
して重要なページになりつつあります。
実現出来るか不安はありますが、来年度の事業として「共通のコニファーガーデン作成」のページを考えています。
お客様よりの提案で、同一の材料で、同時期に作成開始して、その後の経過報告を随時HPで掲載していく...と言
う物です。
現在構想を練っている段階ですが、材料は花工房で提供して、作成及び生育過程を決まった時期に一斉に報告して頂き
専用のページで皆様に見て頂くと言う物です。作成の手引きとしても当然ながら、時間の経過でどの様に変化するのか
を見て頂くのも重要な目的となります。
5名程度の参加希望を見ております。
詳細は年明け後にご報告したいと思いますが、事前にご意見等伺いたら有り難いです。
ささやかですが、ご応募頂きました皆様にはクリスマスプレゼントのコニファーをお送り致しました。ご笑納下さい。
2004/12/18


ありがとうございます。
参加賞はタダ同然の物を送る場合が多い....とか、太っ腹...とか、あの程度で、こんな立派な物をもらっちゃ
っていいの?...等のご返事をいただきまして大変嬉しい限りです。
良いんです...。
皆様の温かなご支援に支えられてこそのサイトです。喜んで頂けるのが何より嬉しいんです。
今回はほぼ全員の方より「届きました」のメールを頂きまして本当にありがとうございました。
意外となしのつぶて....って、言う方が多いんです。せめて「届きました」程度のメールは正直欲しいです。
何はともあれ今年も無事コンテストが終了出来ましてホットしております。
ありがとうございました。
2004/12/21


リンクは、お願いもしませんし、お願いもされません。
よそのサイトは沢山リンクが張られていてとても賑やかです。その点花工房のトップページはやや寂しい感じもします
が、意識してその様にしています。余分なページは一切作りません、本当に必要なページだけとしています。
目的のページへ直ぐに移動出来るよう可能な限りシンプルに作っていのます。
相互リンクを張ればアクセスも伸びますが、花工房としては不用意にアクセスを伸ばそうとは決して望みません。
自然増だけで十分です。
その様な意味もあって相互リンクは一切お断りしております、大手サイトからも時々お願いをされますがお断りしてい
ます、現在までに3件程度しか許可しておりません。今後もお断りする方針です。
その他の宣伝活動や、ショッピングモール等への出店の予定もありません。積極的に営業活動は致しません。
本当に花工房を信用して頂ける方に、少しでも目と心に潤いが提供出来たら望外の喜びとしています。
2004/12/21

2001年度版 2002年度版 2003年度版 2004年度版 2005年度版 2006年度版 2007年度版
2009年度版
ワンダ−ガ−デン 花工房
栃木県宇都宮市石那田町桑原1467-1
E-mail hana@hanacobo.com